K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのファンブログです! その他にもドラフトやFA、プレイ解説も行っています!

Category: NFLドラフト


・ブロンコスはRB Theo Riddickと1年2.5Mで契約しました。DETで6年間のキャリアがあるレシービングRBです。4年目のDevantae Bookerとの争いになるでしょう


WRポジション別トップ5


第5位
Davante Adams(​Green Bay Packers​)
   Aaron Rodgersのメインターゲットとして随所で活躍を見せました。早い段階でオープンになり、落球の少ない選手です。Rodgersが早い段階でWRがオープンにならないとボールを長く持ちます。それを減らしたのはAdamsの功績です
   若手WRの成長があってもAdamsがエースです。111キャッチに13TDはスタッツとしてもかなり立派です。プロボウル常連にもなってくるのではないでしょうか


第4位
Julio Jones(​Atlanta Falcons​)
   相変わらずデタラメな選手です。スピード、フィジカル、テクニック全てに秀でており、開幕からヤードを積み重ねました。反面、Julioが活躍するとチームが勝てない、TDに結びつかないというジレンマも見受けられました
   怪我が無ければ問題なく活躍するでしょう。しかしチームがPOに返り咲くためにはJulioがRZでより脅威になる必要もあると思います。TDという結果が伴えば、チームにとってもプラスになります


第3位
Tyreek Hill(​Kansas City Chiefs​)
   NFLきってのスピードスター。50ヤード以上のTDが通算で20近い(まだプロ3年)という本物です。スピードとアジリティーの高さでワイドオープンになり、Patrick Mahomesのキャノンアームからボールをキャッチします。注目されていませんが、キャッチ力も高くて落球しないです
   DV問題は不起訴になり、フル出場が叶いそうです。KC側はメガディールを用意しているとの報道もあり、まだこの悪夢が続くのかと頭が痛いです


第2位
Michael Thomas(​New Orleans Saints​)
   NOが誇るブリーズウェポンの片割れ。正確なルートラン、広い捕球範囲、ヒットを受けても落とさない強いハンドの3コンボで85%という異常なキャッチ率を叩き出しました。キャッチ率のトップ20に入ったWRはThomasとSEAのTyler Lockettだけです。が、Lockettは57キャッチに対してThomasは125キャッチとダブルスコア以上あります。信じ難い数字です
   5年100Mで契約延長しました。派手ではないからこそ、簡単にスタッツは落ちないでしょう


第1位 
DeAndre Hopkins(​Houston Texans​)
   昨年の落球数はゼロ。こちらも異次元なWRです。現在のNFLでトップ3に入る捕球範囲を持ち、足をフィールドに残す技術が非常に高いです。3Lサイズの手袋が入らないほど手が大きい選手です
   ここ近年もっとも安定した成績を残している選手です。そう簡単には止まらないでしょうから、大舞台で活躍できるかですね


まとめ
   WRのランキングは無限に難しいです。4位まではほぼ確定で5位で悩みました。入りませんでしたが、Mike Evans, JuJu Smith-Schuster, Adam Thielenあたりはかなりの実力者です。
   上位の選手はやはり安定感のある選手です。WRはヤードよりもキャッチ数とTDだと思っているので、それが反映された形になりました
このエントリーをはてなブックマークに追加


IMG_1425

MINの2018ピック
1-30 CB Mike Hughes
2-62 OT Brian O'Neill
4-102 DE Jalyn Holmes
5-157 TE Tyler Conklin
5-167 K Daniel Carlson
6-213 OG Colby Gorssett
6-218 DE Ade Aruna
7-225 LB Devante Downs

   ミネアポリスミラクルでSBまであと一歩に近づいたMINはFAで先発級を補強したため、層の薄いポジションを補うドラフトをしました。


Best Pick
CB Mike Hughes
   Ward, Alexanderに次ぐ評価をしていた選手で、特にフットワークの良さがあります。開幕戦でいきなりPick6を決めるなど大きく期待されましたが、6週目にACL断裂でシーズンエンドとなりました
   ACL空けなので怪我の再発が一番怖いですが、時間をかけれたので大丈夫でしょう。経験の浅い選手なので、その部分でまだ苦戦する可能性はあります


Most Value
OT Brian O'Neill
   フットワークに優れたアスリートOTです。テクニックの部分で時間がかかると思いましたが、Ryan Rieffが怪我の間にRTに抜擢され、そのまま定着しました。
   

採点結果
グレード​E
   Hughesの負傷が痛く、4巡Holmes以降もほとんど出番を得られませんでした。Carlsonなどは戦犯になり解雇されるなど、足を引っ張った部分もあります。2巡O'Neillの台頭が無ければ厳しいドラフトでした

このエントリーをはてなブックマークに追加


IMG_1421

JAXの2018ピック
1-29 DT Taven Bryan
2-61 WR D.J.Chark
3-93 S Ronnie Harrison
4-129 OT Will Richardson
6-203 QB Tanner Lee
7-230 LB Leon Jacobs
7-247 P Logan Cooke

   Tom Coflinが副社長に就任して以来、攻守のライン重視のスタンスは変わらず、この年もDTを加えました。WRとSはベテランからの交代を狙ったものでしょう


Best Pick
S Ronnie Harrison
   アラバマ黄金期の先発Sを務めていました。経験値の高さから早期の先発を期待されていました。結果的に8試合先発と予想以上に早く先発になりました
   Barry Churchがシーズン中に解雇され、完全に先発となります。これからはボールに絡むプレイが期待されます


Most Value
P Logan Cooke
   Brad Nortmanとのポジション争いに勝利しました。インサイド20が37回とコントロールの良さが目立ちました


採点結果
グレード​E
   年間を通して試合に出ていたのはCookeだけで、Harrisonも半分は3番手として過ごしました。1巡Bryan、2巡Charkは怪我で出遅れ、その後はノーインパクトに終わりました。デプスを補強するようなドラフトだったので仕方ない面もありますが、ここまで爪痕を残せないのはチームにとって痛手でした
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ