K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのファンブログです! その他にもドラフトやFA、プレイ解説も行っています!

Category: NFLドラフト


・昨シーズンに負けるとも劣らない層の厚さ。それでいて、トップのレベルは上である


DeVonta Smith(Alabama)
   今年のハイズマン賞(カレッジ最優秀選手賞)を勝ち取ったWRです。この賞基本的にQBとRBなのですが、WRだとかなり久しぶりでした
   秀逸なルートランナー、プレスをかわす能力、ゾーンを見極める能力に優れています。シュアハンドで厳しいボールも取れます。スピードがあり、RACでも活躍します。トータルパッケージWR
   欠点は175lbsと言われる線の細さです(NFLだと190~200lbsは欲しい)。体重の軽さほどフィジカルが弱いようには見られませんが、バルクアップは必要でしょう
   欠点のない完成されたWR。現時点でChris
Godwin(TB)と同等の活躍が出来ると思います。トップ5級のWRです


Ja'Marr Chase(LSU)
   MINで大活躍だったJustin Jeffersonは2番手だった訳ですが、その時のエースがChaseです
   分厚いボディーと屈強なフィジカルがある。スピードがありRACでも脅威となる。タイトカバーでもキャッチを成功させる手がある。ディープで特に脅威となる
   2020年はコロナのためopt outしていた。Joe Burrow以外のQBとの実績がない
   2019年は1800ヤード20TDと圧巻のパフォーマンスを見せました。ドラフト上位のCBをほとんどボコボコにしていましたね。それだけに2020年プレイしていないのは残念です。こちらも別格


Jaylen Waddle(Alabama)
   Jerry Jeudyの控えでしてが、Frからその爆発力は桁違いであり、将来の1巡と目されていました。
   スピード、クイックネス、爆発力。どれをとっても超一流にあります。オープンフィールドで守備にとっての悪夢になる。素晴らしいパントリターナー。球際の強さが上がった
   ボディーキャッチをしばしばする。線が細い
   Tyreek Hillほど強靭なフィジカルはないものの、同等の脅威を与えれる選手です。このタイプにしては筋肉系のトラブルもなしと活躍できる素養はありますね。ちなみに彼は2019年のアラバマ大学で4番手でした


Dyami Brown(North Carolina State)
   2020年に一気に評価をあげた選手です。
   確かなキャッチ力がある。ディープで脅威となる選手。タイトカバーでも安定したキャッチを見せる
   RACアビリティーは普通。線が細い。オールラウンダーな活躍ではない。トップスピードに優れたタイプではない
   ディープスレットとして注目された選手です。スピードはそれなりですが、警戒が必須な選手です


Kardarious Toney(Florida)
   Kyle Pittsと並ぶお気に入りターゲットでした。
   素晴らしいクイックネスがある。ショートからディープまで活躍できる。1on1で守備をかわす能力に長けている。
   コンスタントな活躍ではない。ルートランナーとして成熟する必要がある
   全米王者アラバマを手玉にとるなど、今年は素晴らしいパフォーマンスでした。そのクイックネスはかなり魅力的ですね。ルートランとタイトなキャッチ力が上がればプロボウルもあるでしょう


まとめ
   トップ2のSmithとChaseは別格です。この2人は昨年のJeudy, Lamb以上の輝きを放っていました。トップ15では指名されるでしょう。
   Waddleは素晴らしいタレントであり、そのアジリティーは別格です。また荒削りですが、こちらも1巡を外さないでしょう。ToneyもWaddleほど格別ではないですが、1巡に値するだけのタレントです
   Brownは評価が難しく、1~2巡になります。ディープスレットとしての能力も持ちますが、デイープアタックのためだけに1巡は高いので、それ以外のスキルがどう評価されるか?が大事になります
このエントリーをはてなブックマークに追加


・今回から始まるドラフト選手紹介!ドラフト見てみたいけど、誰から見ればいいの?であったり、この選手どんな評価なんだろう?という時の参考にでもどうぞ⊂(`・ω・´)⊃バッ


Trevor Lawrence(Clemson)
   今年のドラフト1位はTrevor Lawrence。ドラフトどころかシーズン前からそう言われ、ここまでどのモックドラフト(ドラフト指名予想)でも1位になっています。
   Frから先発になり、当時めちゃ強かったアラバマ大学をボッコボコにしたことで注目を浴びます。2,3年生でもほぼ全試合で勝っており、勝つ能力に長けた選手です。パスタッチが素晴らしく、彼のディープボールの精度は目を見張るものがあります。また、ランナーとしても優秀で自身のキープが大きな脅威になっています
   欠点というか、2020シーズンのパフォーマンスは悪かったです(前2シーズンと比較した結果)。Tee Higgins(現CIN)とJustyn Ross(怪我でシーズンエンド)不在でWRのクオリティーが落ちたことも関係あるでしょうが、リスクの高いゾーンへ投げ込むプレイがよく見られました
   とはいえ、総合力を見れば抜けた選手です。彼の1位は揺るがないと思います


Zach Wilson(BYU)
   2020シーズン一気に評価を上げた選手です。ダイナミックなプレイスタイルがかなり好評ですね。
   アグレッシブにダウンフィールドを狙う。素晴らしい精度とボールタッチのディープボールを投げる。タイトウインドウでも投げることを躊躇しない。サック回避能力が高い。ランナーとしてもかなり脅威になる。ポケットでの粘りがある
   アグレッシブさが裏目に出て危険なゾーンにボールを投げ込む。正面からのプレッシャーでボールが上ずることがある。
   Mahomes likeと呼ばれるように、Patrick Mahomesと似たプレイを見せます。厳しい局面を打開できるタフさは素晴らしいですね。とはいえ、MahomesがMahomesたる所以は別格の肩と
体幹、隔絶したメンタリティーによるものです。なので、同じだけの活躍をするかは未知数です


Justin Fields(OSU)
   元トップリクルートQB。Georgia→OSUへと転校したことで頭角を現しました。
   アスレチックなQB。モバイルタイプにしてはパスが上手く、特にミドルゾーンへのパスタッチが良い。ポケットでサックを回避する術を知っており、そこからボールを前進させることができる。
   システムの恩恵を受けている。人を基準にカバーを見るため、ゾーンカバーへの理解を高める必要がある。パスターゲットへの切り替えに苦戦する。
   Cam Newtonを彷彿とさせるQB。高いランニングスキルとパス能力があります。Newtonと同じく初年度はNFLへの適応に苦しむでしょうが、デュアルスレットとして頭角を現せるだけの才能はあります。OSUという点は気になる


Mac Jones(Alabama)
  Tuaの代役で出てきたが、そのパサーとしての力量が高く注目された選手です。フルシーズンの先発でも活躍しました。
   長短問わずパスタッチが良い。ターゲットの切り替えが良い。アメフトIQが高い。リスク回避能力が高く、タイトウインドウにパスを通せる
   ゲームマネージャータイプ。優れた身体能力も肩の強さもない。プレッシャーを受けると手投げになり、球が浮いてしまう。
   ゲームマネージャータイプは極まればBrady, Brees, Manningですが、そうでなければKirk CousinsやCarson PalmerのようにSBまでは届かないQBという評価になってしまいます。10年間フランチャイズQBになる能力はあっても、SBに勝てるかはわからないです


Trey Lance(NDSU)
   ダイナミックなランナー。素晴らしい肩の強さがある。プレッシャーに対して怯まずパスを投げる。アンダーセンターの経験がある
   パスの精度は悪い。タッチも雑。ターンオーバーが少ないのは偶然の産物でしかない。困るとランでしか打開できない。
   同じNDSUのWentzやFCSだったJosh Allenと比較されるが、前者はそもそもパスが上手であり、後者は短期間でかなり確変していた+とてつもないポテンシャルであったことを考えると、Lanceが1巡上位になることはないです。確かにフィジカルツールは優れていますが、荒削りすぎて成功するかも怪しいです。DeShon Kizerになる可能性があり、Lamar Jacksonになるにはランニングスキルが足りていません


まとめ
   トップ5はLawrenceとWilson、トップ10でFields、1巡でJones、Lanceはチーム次第で1巡~UDFAまでというところです。
   恐らく1,2位でLawrence, Wilsonが消えるので、Fieldsを巡っての駆け引きになるでしょうか。Cam Newtonになれるポテンシャルを信じるか、見逃すかはチームによって大きく異なるでしょうね。こういうタイプは得てして賛否両論が激しいです。
   Mac Jonesがトップ10なんて話もありますが、彼のマネージャー的な性質を考えればもったいないです。確かに良いボールを投げますが、彼はアラバマ大学であり、アラバマ大学にはDeVonta SmithというアンストッパブルなWRがいたことも忘れてはいけません。
このエントリーをはてなブックマークに追加


・ファンの勝手な推測ですがまとめ。結構ポジティブに見てしまうので、そこら辺はご容赦ください

・計10ピック使いましたね。UDFA交渉が面倒だからでは?という話もあり、少し納得しました。そりゃ7巡も大事になってきますね
 久しぶりにドラフト中のトレードなしでしょうか。こちらもオンラインの弊害を最小限にするためと感じます

・2月から続いた毎日投稿もこれにて一先ず終わりです。長い間読んでいただき、ありがとうございます。オフシーズンはゆるーく投稿していく予定です。ネタはまだ決めてません。今日は少し長いです

4-118 TE Albert Okwuegbunam(Missouri)
 アルバート・オクウェブーナム。俗に"Albert O" と呼ばれる選手ですね。ミズーリ大で元Drew Lockが好んでいたパスターゲットです
 特筆すべきはスピードで、6-5, 250lbsのサイズで40ヤード4.49秒は近年でもトップクラスの数字です。パスハッピーだった頃のミズーリでは存在感のある選手でした。レシービングTEにしてはブロックも出来るのは好ポイント
 ルートランが未熟なこと、スピードを活かし切れていないことで評価を下げています。まだ時間はかかるでしょう。昨年はランチームになったことで目立たなかったです
 Lockのいた2年間では18試合で17TDと決定力が高かったです。昨年も6TDです。完全にLockのための指名とGM Elwayは語りました

5-178 LB Justin Strnad(Wake Forest)
 ジャスティン・ストーナド。ILB寄りのOLBですね。昨年のJustin Hollinsとは違うタイプになります。
 素晴らしいスペシャルチーマー、この分野でエースになれる。シュアなタックラーであり、タックルミスが少ない。プルアウトに早く反応する。ブロッカーを躱すのが上手い。ゾーンカバーの基礎がある
 6-3, 238lbsと軽量でブロッカーに捕まると苦戦する。リアクションの一貫性がない。パシュートコースを向上させる必要がある。運動能力に限界がある
 STの即戦力になれる選手。身体能力は高くないが、基礎があるので次のDanny Trevathanになれるかもしれない。フィルムを見る限り期待の出来る選手です

6-181 OG Netane Muti(Fresno State)
 ネタニ・ムティ。未完の原石といった選手ですね。戦力になれば儲け物か
 ベンチプレス44回を挙げるパワフルな選手。非常に粘り強くミーンなブロッカー。相手のネックをホールドしたら勝つ。パンチだけでDLを弾き飛ばせる
 ステップワークはかなり未熟。身体能力頼みのプレイをする。パスプロは特に向上させなくてはいけない。怪我がかなり多い
 Elwayは3巡評価をしていたというOG。かなりの原石だが、強烈なランブロックが魅力のブルーワーカーですね。怪我が無ければもう少し上で指名されていたはず

7-252 WR Tyrie Cleveland(Florida)
 フィジカルとスピードを兼ねた選手。リターナーが出来る。STで活躍できる選手
 WRとしての活躍は期待できない
 完全にST選手として取りました。去年のJuwaan Winfreeとはまた意味が違います。パントのガンナー定着を狙います

7-254 OLB Derrek Tuszka(North Dakota St)
 デレック・タスカ。身長が高くOLBとして理想的なサイズをしている。ハイモーターな選手で、クイックネスの高さが特徴です。鍛えられたラン守備がある
 テクニック不足。ブロッカーに簡単に捕まってしまう。バーストは足りない
 Malik Reedに似た選手。高いクイックネスはあるもののサックするまでは届かない。ブルーワーカーとして控えでの貢献は期待できそうです


総評
 FAでかなり動いたことでニーズを絞ってドラフトに臨めました。その甲斐もあり、3巡cからは素材型の選手を指名しました。
 Elwayも話していましたが、このオフシーズンの目標は昨年の平均17.4点からの底上げです。そのためにJeudyだけでなく、爆発力のあるHamler、RZで頼れるAlbert Oをとっています。FAから続いたオフェンス側のテコ入れはこれで1つ終わりを迎えたと考えることが出来ます
 OLは最重要だったCに即戦力になれるCushenberryを獲得できました。彼の獲得はJeudyの次に重要なことだったと個人的には考えています。まだ先発と決まってはいませんが、昨年のRisner同様に期待したいです。LTはGarrett BollesElijah Wilkinsonで競わせるとのことです。Bollesは確かにアップグレードしたいですが、彼より明確に上と言える選手を取るには1巡をトレードアップする必要がありました。それは現実的な選択肢では無かったので仕方ないと考えています。
 2巡でCBを取るべきでは?と僕も考えていましたが、BouyeBausby、昨年トレードしてきたDuke Dawsonに全休のCallahanと試していない戦力が多いです。不安はありますが、アーリーラウンドで獲得するのは過剰な戦力です。もう1年待っても遅くはないでしょう


まとめ
 長らくディフェンスに寄ってたドラフトでしたが、ここで揺れ戻しが発生しました。仕方ないことですね
 オフシーズンの動きから今シーズンのPO進出はマストです。可能なら2年後にSBを。契約を見るとそういう意図も見えてきます。もちろんそう簡単に行くものではないですが、ここ2年でPOすら行けないならLockは先発失格の烙印を押され、ブロンコスは再びQB探しの旅に出なくてはいけません。Lockは武器が増えると同時に言い訳の出来ない状況に身を置くことになります
 このオフシーズンの結果にワクワクしています。若いオフェンス陣の爆発力であったり、昨年メンバーが苦しい中でも粘り強かったディフェンス陣であったり、復帰してくる怪我人であったり。あとは机上の空論で終わらないことを願うのみです
 まだCOVID-19に収束の兆しが見えず、開幕するかも不透明です。それでも9月に開幕しオレンジ&ブルーが躍動する姿を見たいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ