K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのファンブログです! その他にもドラフトやFA、プレイ解説も行っています!

Category: アメフト


・開幕戦でのセンセーショナルな活躍から今年1番ホットな活躍をしているKCのルーキーRB Kareem Hunt。5試合連続で100ヤード以上走っていたのに、PIT戦では9回21ヤード(平均2.3ヤード)と全く走れず。その原因を解説します


1、ショットガンとアンダーセンター
   アメフトではQBのセット位置によって、大きく2つのフォーメーションに分類されます。1つはCの真後ろに立って直接スナップを受けるアンダーセンターで、もう1つがCから5ヤードほど離れたところにセットするショットガンです。

↑アンダーセンター
↑ショットガン

   アンダーセンターはRBがハンドオフを貰うまでに助走をつけることが出来ます。ショットガンはQBがパスを投げやすいという特徴があります

   
2、大胆なアプローチ
   上記の2つのことを前提に話を進めます。PITのアプローチはKCのフォーメーションによってDLの人数を変更するというものでした。
   アンダーセンターなら4-3under(5-2)にしてランを最大限警戒
   ショットガンなら4-2Nickel(4-2-5)でパスを警戒しました。

   このように、PITはKCのフォーメーションによって自分たちの体型を変えるというアプローチを取りました。


3、意図と効果
   Kareem Huntは素晴らしいRBですが、特にアンダーセンターからスピードに乗って走った時、その強さがより際立ちます。つまり、アンダーセンターの時はHuntのランが最も怖いのです。
   逆にショットガンの時はどうでしょうか?Huntがスピードに乗れないというのもありますが、KCが誇る飛び道具TE KelceとWR Hillへのパスがより怖い武器になります。実際、PITはKelceやHillのスクリーンプレイを警戒し、止めることに成功していました。
   PITはフォーメーションごとにアプローチを変えることで、「KC三種の神器」を抑えることにしたのです。
   
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


・今週はNo Fly Zoneと呼ばれるDENのパス守備を手玉に取ったBUFの攻撃を見ることにします。


BUFの攻撃とは
   BUFはLeSean McCoyのランを主軸としたWCO(ウエストコーストオフェンス)と呼ばれるオフェンスです。このオフェンスは、フィールドを横にストレッチをしながら短いパスを繋いでいきます。その特性上ターンオーバーが少ないです。
   WCOは80年代のSFが使い始めたことから、SFの位置するウエストコースト(西海岸)の名前がついています。


マンツーマンを破壊するクロスルート

   このプレイでは、赤い線のようにWRがパスコースを取り、奥から2番目の選手(No.2とします)にパスを投げ、ロングゲインとなりました。マッチアップはマンカバーに定評のあるChris Harrisです。

   赤丸の選手に注目してください。この選手はTEのポジションからflatルート(サイドラインへ向かって浅い角度で走るルート)を取りました。その内側をNo.2の選手が走ります。

   このTEの選手がブラインドとなり、HarrisはNo.2WRを放してしまいました。その結果、マンカバーを敷いていたDENはフォローする選手がおらず、ロングゲインに繋がりました。


縦の関係を築くチョイスパス
   チョイスパスとはカバーのつき方でQBが投げわけるパスのことを指します。WCOではPA (プレイアクションの意。ランを囮にしたパス)でのチョイスパスが重要となっています。

   赤線がWRのコース、黄色がQBの動き、青線が囮にするランの向きです。

   ほぼ同じ距離に3人が並んでいるのがわかると思います。これを俗に縦の関係といい、守備のカバーを見て誰に投げるのかを判断します。この場合は奥の選手がカバーより先行していますので、リードボールを投げれば通るというわけです。


敵を欺くTEディレイ
   ディレイ レシーバー(遅れてパスコースに出てくること)といえばRBがその役割を担うことで有名ですね。逆にRB以外の選手はディレイで出るメリットは少ないです。そのためゴール前などの、守備が前がかりになりやすい状況ほど効果的になります。

   これはTDを取ったプレイですが、11人全員を集結させて、絶対にラン!というように思わせています。ブロンコス側もそれを理解していますから、FSが後ろに下がっていますね。
   今回も赤線がレシーバーのコース、青線が囮にするランの方向です。

   ブロンコスの選手の動きを見て貰えばわかると思いますが、彼らは冷静にパスへの対処をしています。レシーバーも3人ですから充分に対応できるだけの人数がいます。
  ここで、赤丸の選手に注目してください。そう、今回のキーマンです。彼はブロックをしていますよね?

   写真のように、なぜかフリーになっています。これが今回のネタであるTEディレイです。
   直前までブロックに参加していたことにより、守備側の意識からレシーバーではなく、ブロッカーとして認識されていたのです。それによって、本来なら彼をマークする選手は他の選手のカバーに行ってしまいました。 
   これは相当に上手いフェイクですね。やられたチームは意味がわからないと思います。素晴らしいプレイでした
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


・今回は、昨年のリーディングラッシャーであるEzekiel Elliottを8ヤードに封じたDEN守備のやり方を見ていきます。

・LT Garett Bollesはハイアンクルの捻挫と骨挫傷で数週間outとのこと。ハイアンクルは人によって治り方が違うので復帰時期はまだはっきりしません。無理せず完治してから帰って来て欲しいです。bye明けのWeek6が目処になりそうです。

・Aqib Talibが通算10個目のPick6。これでDeion Sandersを抜いて単独4位になりました。上の3人はRod Woodson, Charles Woodson, Darren Shanperという豪華なメンツ


Elliottの止め方 アライン編
   アラインとは、守備のセットの位置のことを言います。相手の体型や自分たちのカバー状況で決まります。

   今回DENが採用したのは5-2-4でした。普段の3-4守備というよりは、4-3underと呼ばれる体型に近いです。

   正面からはこんな感じです。かなり奥にFSがぽつんといますね。1発TDだけは絶対に阻止する布陣です。DALがランを捨てるまで試合を通してこのアラインを使いました。


How to Stop

1、ギャップを埋める
   ギャップとは、OLとOLの間のことを言います。RBはこのギャップを走ってヤードを稼ぎます。守備側はギャップを埋めて、RBが走る場所を潰そうとします。
  CとOGの間をAギャップ、OGとOTの間をBギャップ、OTとTEの間をCギャップとそれぞれ呼びます。
   DENはこのうち、両方のAとBを3人のDLで塞ぐことを意識していました。


2、コンテイン
   コンテインとは、ボールキャリアーを内側に追い込むためにブロッカーの外側から顔を出す人のことを言います。これをすることで、守備側は人数の多い中央にキャリアーを追い込んで止めます。
   今回はスクリメイジにセットした2人のOLBがこの役割を担いました。彼らがOTやTEの外側からElliottを見ることで、Elliottは外を走ることが出来ませんでした。

3、押し負けないこと
   これが1番大事なのですが、リーグ屈指のDALのOLを相手に押し負けなかったことです。特にNT Pekoはオールプロにも選ばれたC Fredrick、RG Martinのダブルチームで押されませんでした。やはり、ランはCが押し込めないと出ません。なので、Pekoの存在がかなり大きかったです。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ