K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのファンブログです! その他にもドラフトやFA、プレイ解説も行っています!

Category: 2019シーズン


・今回はトップ10指名されそうな選手から5人くらいをピックアップ


QB Joe Burrow(LSU)
 昨年はLSUのQBにしては近年で一番パスが上手いなぁ…くらいでしたが、今年は全米トップパサーですね。プレイスタイルが既にKirk Cousinsとかと同列じゃないでしょうか?開幕先発は充分に考えられます
 最大の強みはパス成功率の高さです。フリーのターゲットを見逃さず、正確にデリバリー出来るのは必須要素ですね。あとモビリティーがあり、プレッシャーから逃げるのも上手くなっています。足で1stダウンも取れますし、時間を稼いでパスを通すことも出来ます。全体一位の最有力候補


DE Chase Young(Ohio State)
 Nick Bosa以上の選手なんて出てこないと思っていたのですが、このYoung今年センセーショナルな活躍を連発しています。毎試合のようにハイライトプレイするなんて伊達ではないですよ
 スピード、クイックネスといった身体能力に優れているだけでなく、ハンドテクニックなどのスキルでそれを活かしています。Edgeが最適ですが、内側に詰めてもラッシュをかけれるのは凄いですね。QBいかないなら彼を取るべき


QB Tua Tagovailoa(Alabama)
 昨年の時点では来年の1位指名確実。とまで言われたスーパーQBでしたが、痛めた足首が治りきっていないのか本調子とは程遠い姿でシーズンを過ごし、更に股関節脱臼という大怪我まで負ってしまいました。
 最大の強みは伸びのあるディープボールで、一切の減速なくWRの手に収まる圧巻のコントロールをいくつも見せていました。コントロールは基本的によく、足でも撹乱できる現代型のQBですね。
 懸念は怪我耐性で、下半身の怪我が多いのは気になります。また昨年のカレッジ決勝で緊張からパフォーマンスを落としたように、負のスパイラルから立て直す能力に疑問もついています。


S Grant Delpit(LSU)
 純粋なSとしてはトップじゃないでしょうか。プレイリードの速さとタックルの強さが魅力的な選手ですね。トップ級のSはビッグプレイ起こせる選手であり、その素質は充分に感じます
 Tyrann Mathieuに近いタイプだと思います。Jamal Adamsほど前に強い選手ではないです。今シーズンの方が目立たないですが、コンバインで上げてくるのでは?と期待しています


S Isaiah Simmons(Clemson)
 今年の上位候補の中では非常に迷うタイプです。とにかくカレッジでの起用法と現在のNFL守備が合わない。難しい
 6-4という大柄なサイズでありながら、高い機動力を持っています。パスカバーの下がり方が滑らかです。一方でサイズほどのフィジカルの強さが見られない場面もあります
 たぶん3-4OLBで起用されています。ボックスでプレイしないのでILBの経験はなく、パスラッシャーではないのでOLBも難しい。ちょっと中途半端な立ち位置です。スピードを証明すればSSとしてプレイ出来そうですが、FSほどの守備範囲もなく、欲しがるチームは限られそうです


まとめ
 この時期でのトップ10は上下する可能性ありますが、Burrow, Youngは間違いなくトップ5でしょう。Sの2人はコンバイン次第、Tuaは怪我の回復次第でしょう
 次は残るQBやDTなどを紹介したいと思います。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加


・朝起きて3度見した。何かの冗談かと思ったが違ったらしい。まじか


ゲームボール: Kareem Jackson
 11タックル、1INT、1TD。その他にも3rdダウンでのビッグヒット2つとHOUの前に立ちはだかりました。FAで取った時は驚いてごめんよ。君は最高のFAだ
 古巣への凱旋ということもあり、非常に気合の入ったプレイをしていました。Hopkinsへのヒットとか凄かったですね。ターンオーバーにも絡み、ラン守備でも貢献度が高く、文句のつけようがありません。ありがとう


Drew Lock
 300ヤード3TDですって。22/27なので確率も良いですね。びっくりしました。投げれるのは知ってましたが、こんなに早く通用するとは…
 パスコースをリストコーチで確認してタイムアウト取るなど、まだまだ準備が完璧に出来ているとは言い難いですが、度胸がありますし、落ち着いてプレイしていました。カレッジ時代よりプレッシャーがきている状況で良い判断と良いプレイ出来てるのも成長の証ですね
 ミスはSFの位置を見てなかったINTとタイムアウトを無駄に消費したことですね。Scangarello OCもLockに合わせたプレイコールでやりやすいように見えました


課題: 後半の攻撃
 相変わらず後半になると攻撃が失速します。特に4Q。ここで差を縮められて上手く試合を締められない展開を見ますね。そろそろ慣れて欲しいし、突き放すような安心できるオフェンスして欲しいです


課題: パスラッシュ力
 Derek Wolfeの離脱、Malik Reed欠場は影響が大きかったです。Watsonが自由にプレイできる場面も散見されました。膝を怪我してるVon Millerも圧倒的なパフォーマンスを見せれていません。来週はここが弱いと勝てない…



まとめ
 負けると思っていたので思わぬ大勝に驚きました。Lockは勿論良かったですが、HOU側のタックルミスやバストカバーに助けられた部分も否めません。ビッグプレイをTDまで持っていく力は見せましたが、細かく繋いでドライブを継続させて持っていくほどの力はないです。ここら辺は来年への課題でしょうか
 ディフェンスはやはりターンオーバーが大きかったです。前半は相変わらず出色の出来でした。ガベージタイムに少しやられましたが、INT2つでHOU側の反撃の芽も潰していますし、おあいこでしょう。
 次はアウェイでKC戦です。前回はMahomesが早々に負傷するも惨敗しました。またOLがプレッシャーを漏らすようですと勝てないです。そろそろKCには勝ちたいなぁと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加


・師走につき試合の解説が出来ていないので、別企画です。とりあえずブロンコスに関係ある選手からです


OT Andrew Thomas(Georgia)
 トップ5にまで名前が挙がる今年のトップOT。左右のOT経験があり、長いこと先発してきた経験があります。テクニックとサイズがあるのですが、身体能力も高いです。大学の先輩Isaiah Wynnをよりアスリートにした感じです
 LTほしいよなーという思いがあるので、Thomasくんめっちゃほしいです。問題は指名できる位置になさそうなことです。うーん…LT欲しいチームは指名すべきじゃないだろうか


WR Jerry Jeudy(Alabama)
 バマのWR4人衆でも最強の男。スピード、パワー、RAC、ルートラン、クイックネスどれをとってもカレッジ敵なし。出来ないことは無いバマの現エースですね
 Julio Jones, Amari Cooper, Calvin Ridleyに続くバマのエースWR。普通にいけばプロボウルは固い


WR CeeDee Lamb(Oklahoma)
 BALのHollywood Brownが2番手だったのは彼がエースにいたからです。Frから先発し、Baker Mayfield, Kyler Murrayの頼れるターゲットとして活躍しました。今年はキャッチの平均ヤードが20ヤード超えています。これもすごい
 ビッグプレイメイカー。JeudyとLambの2人が今年のWR陣では頭抜けています。むらっけあるのが玉に瑕


OT Tristan Wirfs(Iowa)
 サイズ、パワー、機動力と三拍子揃ったOT。なのですが、テクニックはやばい。特にパスプロが酷いです。NFLで1年目から先発OTにするレベルにはないです。先輩のBrandon ScherffよろしくOGが適正でしょう
 トップ10でOGを指名しても…という感じです。INDのQuenton Nelsonは成功しましたが、あれはどちらかというと例外というか…Sherff, Jonathan Cooper, Chance Warmack…


CB Jeffrey Okudah(Ohio State)
 今年のトップCBですね。スピードとフットワークが素晴らしいです。常に軸が安定しているので正しいプレイが出来ています。DBUの最新CBですね
 トップ10どころかトップ5にまで名前が挙がりますが、Marshon Lattimore, Denzel Wardと比べてクイックネスが足りない気がするので、ちょっとオーバーレイト気味かな?と思います。それでもトップ15では指名されるかと思います


まとめ
 とりあえずOT, CB, WR予想が多いですね。僕もそう思います。DT Derrick Brownも名前挙がりますが、DTは来年更地すぎてまだ何とも言えないです。誰と再契約するかで変わってくるのではないでしょうか
 思ったよりもQBの候補が伸びてこなかったので玉突きが起きるかもしれません。あと4試合で指名位置が決まりますので、そこからまたモック組んだりしていきたいと思います


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ