Noah Fant
16試合(16先発)、68キャッチ670ヤード4TD
   今年もメインTEとして、多くのスナップに出ていました。5年目オプションを行使後、WilsonとのトレードでSEAに移籍しました。
   ブロックもキャッチも安定していましたが、個人的な理想には届いていません。彼はもっとミドルアタックやRACで活躍する選手なのですが、現状はショートパスをとって終わりです。SEAではMetcalfe, Lockettと縦に引っ張る選手がいるため、彼の能力を1番いかせる1on1のマッチアップが増えるかもしれませんね


Albert Okwuegbunam(#85)
14試合(6先発), 33キャッチ330ヤード2TD
   昨年の2番手TEです。40ヤード4.59とポテンシャルの高さは折り紙つきのレシービングTEです。RACアビリティーが高く、Fant同様にボールを一気に進めれる選手です
   Fantが優先されていたのは、ブロッキングまで含めた総合力が高いからでしょう。期待はしていますが、未完の大器に違いありません。


Eric Sabuert(#82)
17試合(4先発)、8キャッチ47ヤード1TD
   昨年のサプライズ選手です。強力なブロッキングが魅力的な選手ですね。スナップの多くでブロッカーとして活躍しました。
   同じブロッキングTEのEric TomlinsonをFAで獲得したため、再契約はない予定でしたがこの度1年契約を勝ち取りました。


Andrew Beck(#83)
   FB/TEタイプ、いわゆるHバックですが、昨年はFB利用が減った結果キャッチなしと出番を大きく減らしました。
   FBも出来る万能性が魅力的ですが、ブロッキングTEはいるため、FB利用が少なければ今年と同じ程度の活躍でしょう。首脳陣からの評価は高いですが、どうなるか


まとめ
   TE FantはSEAにトレードされました。5年目オプションは安いので行使されましたが、契約延長は難しい予想が多かったため、それもあってトレードの駒となりました。
   FAでEric Tomlinson、ドラフトではGreg Dulcichとブロッキング、レシービング両方のTEを補強しています。Dulcichは2巡での指名も検討された選手であり、1年目からインパクトを残すかもしれません。同時にAlbert Oの覚醒も期待されますね。2TEを多用するとのことですから、TEポジションの出来は重要です