・CC始まってしまう…(/)・ω・(ヾ)ツライム


CHI@NO レビュー
   前半のNOはカールゾーン(LBとCBの間のゾーン)狙いのパスがよく決まってます。ゾーンカバー(2ハイ多用)でくるCHI相手の狙いとしては正しいですね。しかし、CHIのDBの寄りが速いので攻め切れてないです。
   一方のCHIもランが出ず、プレッシャーでTrubiskyのパスは乱れてと良いところなし。スペシャルプレイの落球が痛いですね…7-3でNOリードで前半終了。POの最小得点らしい10点
    それにしてもCHIはランパスパスのリズム何とかならないのだろうか。対して出ていないランをPAのためとはいえコールするのは無策すぎではなかろうか…
   NOはミドルゾーンで殴る+バックフィールドから出ていくRBも使ってますね。ここにLB釣られるので、ゾーン空きますね。でもDuke ShelleyやKindle Vildorのような若いDBの活躍でTDは許されない。ここら辺の硬さは信頼できますね。それでもBreesのカバーを見抜く力がやばいですね。Deonte Harrisにも手を焼いてるCHIジリジリと進まれてTDを取られます。
   CHIがキャッチアップオフェンスしたのが前半2min切ってから。なんでだ…Jimmy Grahamの素晴らしいTDキャッチが出たもののゲームエンド


雑感
   Breesのゾーンを見極める能力はさすがですね。そしてスピードのあるDeonte HarrisのスピードでRACまで稼ぎました。とはいえ、CHI守備も寄りの速さでこれに対応していました。DLのプレッシャーもありましたし、点数以上に 奮闘していました。
   CHIの攻撃は逆にコンサバでした。出ないランを1stダウンで仕掛け、ロングシチュエーションを残すのは無策すぎたのではないでしょうか?落球したトリックプレイ以外、工夫もほぼ見られず…ランとPAというコンセプトに固執して、点が取れないのは本末転倒でしょうに。確かにTrubiskyのパスだけで組み立てるのは危険を感じさせますが、POで勝つのにリスクを侵さないのは…


まとめ
   CHIが負けるべくして負けた試合でした。CHI守備がRoquan Smithを欠きながらも、あれだけのパフォーマンスを見せたのはポジティブでした。
   NOはBreesのカバーを読む力と、Michael Thomasの組み合わせは大変危険ですね。Harrisも上手く使っていました。守備で言えばDLが相手OLを制圧していました。DBはいくつかパスを通されましたが、それでも局面はしっかり抑えて危なげない試合運びでした