・外野による感想戦はっじまっるよー


試合の雑感
   KCつよ。まぁ知ってたわ。こちとら何年も苦汁を飲まされているわけですし。去年のチームが完成度高めてたら止まらないなんて3年前から知ってたよ。勢いだけではなく、本当に老獪。ミスも少ないから付け入る隙もほぼなし
   HOUはWatson頼みが目立ちました。相性の良いWill Fullerがいたから良かったものの、Brandin Cooksがもう少しボールに絡みたいですね。David Johnsonはさすが


HOU守備のミス。ディープミドルとDL
   HOU守備の構造的な欠陥は2つです。まずDLが押されることにより、LBがブロッカーに捕まっていたこと。2つめはMahomesのディープを警戒するあまりミドルゾーンが空いたことです。
   DLは良くなかったです。押される、流されるOL抜けさせる。典型的なランが出るパターンでした。もちろんKC側が上手いのはありますが、これやられると難しいです
   KCにはTyreek Hillという当代最強のディープスレットがいる訳ですが、その彼を警戒するあまりミドルゾーン(LB裏)を狙われました。このゾーンにはKelce, Watkins, Robinsonなどが侵入していましたね。結局のところ、HOUにシングルハイ出来るFSがいないからこそ選択肢が無かった訳なんですけども、ここら辺を編成上の不備と切り捨てるにはあまりにハードルが高いです


CEHについて
   彼がフェイクの上手な視野の広いRBであることは重々承知ですが、本来ならオープンフィールドでのタックルブレイクを得意とし、密集地帯では並程度であります。今日のようにOLが気持ち良いくらい穴開けてくれれば走れますけどね…
   得意とするレシーバーてしての役割では活躍が見られませんでした。意図的なのかはわかりませんが、来週以降楽しみにしときます


HOUの課題と今後の展望
    ディフェンスはオーソドックスに守って負けたという感じです。インストールが終わってないから色々出来なかったという感じでしょうか。手の内晒す前に当たって良かったと捉えるべきか、POまでにはまた別のチームになってるはずですし
   オフェンスはRT Howardのセットアップが遅い場面が見られました。ああいう基礎はしっかりとしたいです。Fullerとは変わらず相性良く、David Johnsonも機能していましたので、Cooksとの連携がどう深まっていくかが重要でしょう


まとめ
   予想された結末の1つという感じです。特段の驚きもなかったです。
   HOUはライン戦での敗北、タックリングの甘さ、守備体型のバリエーション不足とコロナの影響が見られた感じです。あと3ヶ月でどこまで持っていけるのか
   KCはさすがですね。怪我人でなければ2連覇は見えるでしょう。わかっていても簡単に止まるものではないので
   HOUのLG Max Scharping良かったです。J.J.Wattは痩せましたね。DEよりもOLBの体つきでした。怪我の影響で増やせなくなったのでしょうか。
    お互いそこまでの冒険はなかったので、その分だけチーム力の差が出たと思います。まだ初戦なので、ここからどこまで持って行けるかが大事になります。それを楽しみに残り3ヶ月見るのも良さそうです