・なんとか開幕戦に間に合いました

・DENのスーパースターVon Millerが足首の腱断裂でシーズンエンド。手術が必要になりましたチ───(´-ω-`)───ン
悲しい…58番のプレイに惚れてDENファンになった自分としては彼のプレイが見れないのがショックです…ボンちゃんの分も他の選手の奮起が待たれます


GBパッカーズ
   大胆なFA補強が功を奏して守備陣が再建されました。特にZa'Darious SmithとPreston Smithのコンビはビッグヒットとなりました。
   Aaron Rodgers復活!というか、玉離れが良くなった気がします。Davante Adamsという人が凄かったですね。そしてAaron Jonesですよ。RZでTDマシーンとなりました。
   スミス兄弟が素晴らしい活躍をしました。ドラフトで積極的な補強を見せたDBもJaire Alexanderがエースの風格を持ち、Kevin Kingも反対側で存在感を見せていました。あとはSFに切り裂かれたラン守備の秩序が整えば…
   13-3は相手に恵まれた側面もあったかもしれませんが、それでも強いチームに違いはありません。SBをとるためにはSFとの差をいかに縮めるかになります。


MINバイキングス
   POに返り咲き、敵地でのNO戦をオーバータイムの末に破りました。続くSFには手も足も出ずに負けました
   Dalvin Cookはやはりスペシャルであった。耐久性高くないのは欠点ですが、併用すれば問題なく、あのランアビリティーは脅威ですね。Kirk Cousinsも大舞台に弱いという今までの評価を覆えし始めました
   Anthony Harrisが先発定着でHarrison Smithの怖さがより目立つことになりました。Anthony BarrとEric Kendricksのコンビも怖かったですね。
   先発にお金使いすぎてキャップ崩壊。オフシーズンのMINですね。NT Joseph, DE Griffen, CB RhoesにWaynes, WR Diggsと放出ラッシュになりました。さすがに10M超えのプレイヤーを10人以上は無理ですね…


CHIベアーズ
   ファンから溜息の漏れるシーズンでした。Trubiskyのプレイにプレイコール。守備の奮闘なければもっと負けていたでしょう
   同期があのPatrick Mahomesに、あのDeShaun Watsonなので比べられるのは仕方ないことですが、それを除いてもMitch Trubiskyのプレイは期待より低いものでした。ランが上手く機能しないWCOスタイルは難しいですが、それでもAllen Robinson頼みは苦しいです
   Khalil Mackは変わらずスペシャルでしたが、Akeem Hicksが早期に離脱したことでインサイドの強度が落ちてしまいました。Vic Fangio DCが抜けてもさほどパワーが落ちなかったのは朗報でした
   オフェンスの再建が課題のオフシーズンでした。ドラフトではTE指名。OL放置してそこかー…と思いました。シーズン蓋を開ければOLが良くなってるかもしれませんが…


DETライオンズ
   Stafford不在(/)・ω・(ヾ)ツライム
   エースQBをかいて勝てるチームなんてほんのひと握りです。RB Kerryon Johnsonも怪我で離脱期間長かったです。WR Kenny Golladayがエースとして完全に独り立ちしたのが朗報でした
   守備崩壊。DC上がりのHCなのに…DLのパワーが必要なスキームでDLユニットが未完成は問題ですね…LBもDBも良くなかったけど…ほぼ全項目でワーストクラスって…
   Darius Slay放出(HCがけなしてブチ切れ)とMatt PatriciaはBelichick式の悪いところだけを引き継いでるみたいですね。これマクダニパターンって言います。Staffordいてのラストチャンスどうなりますかね


まとめ
   GBとMINの争いになるのではないでしょうか。CHIもDETも一気に逆転して強くなる!と言い切るのは難しい(プレシーズン見てないし)です。とはいえ、CHIが一気に勝ってPO進出を決めたようにNFLには何があるかわかりません。今いるメンバーのケミストリーが深まったことに期待です