・不定期更新。新型コロナウイルスの影響によるopt outも続々と出ていますね。感染、または濃厚接触者の多いチームもありますし、本当にシーズン無事に進むのでしょうか?


NEペイトリオッツ
 The end of Era. そう言えるほど大きな転換期に入っています。名将Belichickとしても新たな挑戦の幕開けになります
 新QBにはCam Newtonを迎えました。ファンの方はJarred Stidhamに期待していましたが、いかなNEスタイルといえど彼で16試合を戦うのは厳しいと予想していたので、この結果に驚きはないです。
 懸念は高齢化する守備陣と主力のopt outが多いことです。近年のラン攻撃と守備でイニシアチブを握るスタイルが果たして継続できるでしょうか?名伯楽スカーネッキアコーチが引退したOL陣は一気に弱体化する危険性すら含んでいます


BUFビルズ
 Sean McDermottがHCに就任して以来着実に成長を遂げています。昨年は実力を証明してのPO進出、そして検討も見せました。チームとしてスタイルが浸透し、団結が強いのが特徴です
 オフシーズンには1巡を出してWR Stefon Diggsを獲得しました。ダブルムーブに長けたこのWRはエースとしての活躍が非常に期待されています。
 守備陣は自慢のDB陣をDL陣が援護できるか?が1つのポイントですね。4-3はDLが強ければ強いほど、その恐ろしさが上がります。


NY ジェッツ
 スーパースターSS Jamal Adamsを放出しました。変わらず安定のしない戦力です
 オフェンスの課題はQB Sam Darnoldのパフォーマンスです。昨年は弱いOL、頼りないWR陣ではありましたが、ミスを恐れて勝負を避けるプレイが目につきました。彼の特徴である思い切りの良さ、ミスとビッグプレイが紙一重というスタイルが消えていたのは残念でした。あれでは平々凡々なQBでしかありません
 ディフェンスはILB C.J.Mosleyがいなくなってから上手く機能していませんでした。それを補っていたAdamsも離脱しましたし、どうなるのか…


MIA ドルフィンズ
 露骨なタンクをしたものの、コーチ陣の能力の高さや若いモチベーションに火がついて、それなりに勝ちました。オフシーズンには大補強を敢行するなど楽しみなチームです
 オフェンスはTua Tagovailoaが怪我なく終えれるかです。フランチャイズの将来を託された選手ですね。2年前のようなパフォーマンスを発揮できれば、彼は素晴らしい結果を残せます。慢性的な怪我と昨年の不振が気になるところ
 ディフェンスは大型補強をしています。CBのサラリーは半端ないですし、DLも補強をしました。HC Brian Floresは現在のNFLでもトップクラスの守備構築ができる人です。そんな彼がどんな結果を出すのか?


まとめ
 NE王朝は陥落するのか、しないのか。時代のうねりがきています。そこに名乗りをあげるのはBUFなのか、NYJなのかMIAなのか。