・NYJのオールプロSS Jamal AdamsがSEAへトレードされました。1巡2つ、3巡、選手が絡む大型のトレードとなりましたね。近年SEAが1巡出したトレードは大失敗(WR Parcy Harvin, TE Jimmy Graham)な訳ですが、Adamsはどうなるか


Jamal Adamsとは?
 2017年ドラフトでNYJに1巡6位指名を受けました。出身校はLSUで、LSUといえばPatrick Peterson, Tyrann Mathieuも在籍したDB王国です。
 カレッジ時代のパフォーマンスは特筆すべきものでした。逆サイドのアウトサイドのランをロスタックルしたり、TEカバーで完封したりとランパスともにハイレベルなパフォーマンスを披露していました。リーダーシップも高く評価されています
 NYJに入団してからもそれは変わりなく、2年目の18年にプロボウルとオールプロ、19年にも前年に続いて選出されました。すでにリーグ最高のSという評価さえあるほど素晴らしい活躍をしています。ランパスだけでなく、ブリッツも上手でボールに絡めるAdamsは将来の殿堂入りすら早くも期待されています


NYJ側の利点
 NYJとすれば契約延長したかったのは確実です。しかしながら、Adams側はトレードを要求し、チームを批判するなど早くも不満分子になっていました。この態度は好きではないですけどね
 それもあり、NYJは契約延長を諦めてトレード先を探すことしました。怪我のリスク、残りの契約年数を考えて今年のトレードになったのでしょう。
 不満分子がいなくなった&対価として1巡2つを得たことは大きいです。新型コロナウイルスの影響で来年のサラリーキャップは175Mとされています。この先も増えないであろうことを考えるならば、ドラフト指名権が持つ価値はかなり大きいです。向こう2年の1巡2つは将来的には大きなアドバンテージに繋がります


SEAの利点
 LoB解体以降不足していたDBの駒の補強に成功しました。CBはドラフトしたGriffin, Flowersがいますが、Sに悩んでいました。FSも昨年DETからDiggsを獲得しています。そこにスペシャルワンのAdamsを取るチャンスがあったから飛びついたのでしょう
 SEAの1巡のバリューが高くなる=Russell Wilsonの欠場です。そうなれば勝つ以前の問題であり、どうしようもないです。そのため、1巡を出すリスクが低かったと考えることが出来ます。どのみち20位以降の1巡2つならば、Adamsの活躍で相殺できるでしょう


まとめ
 1巡2個出す価値がある選手がトレードされるなんてKhalil Mack以来ですか。若い守備のオールプロ級は貴重なんですけどね…NYJはロッカールームの問題が片付いたかわりに大きなものを失ったと思います
 SEAが受け取った1巡で誰を指名し、どんな活躍をするかでまた評価は変わるわけですが、この手のトレードは往々に選手を出した側が損するんですよね…