・開幕から3連敗。昨シーズンから7連敗。負けることに慣れたというか悲しいという感想すら出てこない…今日は勝てない予想だったせいかもしれないが…良くない兆候です


DEN@GBレビュー
   ロングパスでいきなりTDを取られるも、ランを中心に反撃。10-10の同点に持ち込みます。しかしオフェンスが痛恨のターンオーバー2つでGBが14点連取で10-24となります。何とかTD1つを返すもINTからFGが決まり大勢が決着。結果16-24で敗れました


敗因その1
ターンオーバーレシオ-3
   格下が下克上を果たすためにはターンオーバーは必須条件なのですが、逆に3つ献上し、自分たちは0でした。11点差で済んだのが奇跡です…
   1つ目のファンブルを自陣5ヤードで犯したのが非常に痛かったです。モメンタムを一気に持っていかれてしまいました。Noah Fantのボールセキュリティーの甘さ、Joe Flaccoの意味不明なINT献上も流れをぶった切るものであり、こういうプレイを自らしてしまうのが今の弱点です

敗因その2
サック5つ。代役RTがやばい
   Ja'Wuan Jamesの代役でRTに入っているElijah Wilkinsonですが、この日はサックの原因となり、ターンオーバー献上の戦犯とも言えるできでした…LTのGarett Bollesがクリーンなプレイをしていたのと対照的でありました
   サック5つですが、2つほどはカバレッジサックでありFlaccoがターゲットを探しすぎた結果です。総じて良かったOLですが、いくつかのミスが致命的すぎました

明るい話題その1
ランオフェンスは機能した
   GBの1列目を抜けるとロングゲイン出来る場面が多かったです。コンスタントに出して150ヤード近くを稼ぐことが出来ました。あとはショートヤードをもっとゴリゴリ出来ると良いのですが… 
   この日一番良かったのはDalton Risnerでしょう。このルーキーは良く穴を開け、最後まで走る素晴らしい選手です。Phillip LindsayのTDでもエンドゾーンに投げ込むなど勝てばゲームボールものでした。2巡で取れたのは大当たりです

明るい話題その2
Bradley Chubbが良い働きをした
   本当はサックが見たいのですが、QBヒットやロスタックルをいくつも見せてくれました。Aaron Rodgersがとっとと投げ捨てる場面もあったり、上手く逃げられていたので記録にならなかったです。ここまで調子は悪くないので、サックが出るのももうすぐだと思います


まとめ
   勝てる可能性はありましたが、あぁいうミスをする弱さがあるのもまた事実です。ここら辺を無くして、勝つための試合運びをするのはもっとチームの成長が必要です。来週はどうするか
   オフェンスはランが機能するようになり、反則も減るなど週を追うごとに良くなっています。あとはTDを決めきること、20点以上とって守備の負担を減らすことが必要になります
   3試合連続で0サック、0ターンオーバーはここ50年で初だとか。深刻な問題なだけにFangioには早く改善してもらいたいです…