・SEAがWR Doug BaldwinとSS Kam Chancellorをリリース。怪我条項により引退よりも多額のサラリーを受け取ることになります。これでSEAは1つの時代から完全に決別を果たしたと言えるでしょう

・ルーキーたちの背番号が決まりました。TE Noah Fantが87、OL Dalton Risnerが66、QB Drew Lockが3、DT Dre'Mont Jonesが93です。ほかのメンバーは変わるかもしれないので割愛します


18年シーズンOL
   前2年間FAでRT補強に失敗したことから、Jared VeldheerをARIからトレード獲得しました。LTに2年目のGarett Bolles、控えにBilly TurnerElijah Wilkinsonという布陣でした


Garett Bolles
16試合(16先発)
   相変わらず素晴らしいタフネスで欠場なく1年を戦いました。ランの比率が多い時は良いプレイも多かったですが、パスが増えてからは苦戦し、相変わらずホールディングが多かったです
   今年の課題はパスプロ。特にエッジの選手がパスに張っていた時の対処ですね。肩の向きと手の出し方に課題があるとのことですが、Munchakコーチの指導で改善して欲しいです

Jared Veldheer
12試合(12先発)
   トレードで獲得してRTの先発になりました。怪我はありましたが、前2年の回転ドアの惨状を知っているだけに大きなグレードアップになりました
   再契約はなく、NEと契約するという話もありますね。先発待遇を希望しているでしょうからDENに戻ることはないと思います

Billy Turner
16試合(11先発)
   OT/OGの万能選手としてVeldheer不在を埋めました。終盤は怪我人の関係からRGも務めました。元ドラ3のポテンシャルが開花したシーズンでした
   4年28M契約でGBへ移籍しました。RGの先発が期待されています

Elijah Wilkinson
12試合(7先発)
   序盤をinactiveでしたが、怪我人によって最終的にはRGの先発をやっていました。本職OTなのでパスプロは良かったですが、ランブロックでのパワー不足を露呈しました
   ドラフト前のRG先発候補でしたが、ドラ2でDalton Risnerを取ったようにウィークポイントと見られていました


19シーズン展望
   FAでJa'Wuan Jamesを4年51MのRT最高給(その後OAKがTrent BrownのRT起用を発表したことでリーグ2位になった)で獲得しました。1年前にトレード獲得を狙っていた本命を見事に釣り上げた形になります。さらにドラフトでは全ポジション出来るDalton Risnerを獲得し質を高めました
   中途半端な選手をFAで取っては失敗していたので、そこから学んでクオリティーのあるプレイヤー獲得には賛成です。更にOLコーチとしてPITからMike Munchakを引き抜きました。近年のPITと言えばリーグ5指には絶対入るほどの鉄壁OLを持っています。それをDENでも再現して欲しいです


まとめ
   OLの質、層の厚さが重要だとわかった年でした。さすがに怪我人多すぎましたけども…とりあえずBollesは怪我に強いのでJamesが健康で入れるかですね。RisnerもOTとして準備するでしょう
   パスプロを重視した人選なので、そこがどれだけ改善されたか?OLの反則がどれだけ減ったか?それも楽しみな来年シーズンになりますね