・Siemianもトレードブロックに乗りました。一度DENから出た方が成功するかもしれません。見守りたいと思います


DENの補強戦略
   GMはおのおのの哲学に基づいて補強戦略を持っています。今回はElwayの戦略をざっくりと紹介した上で補強に関して見ていきたいと思います。
   まずDENにはチームとしてのサイクルがあります。サイクルとは4〜5年を周期としてチームの主力が変わる (チームのアイデンティティーが変わる)ことです。1回目はPeytonを中心にSBを勝ち切った(12〜16年)、そして契約延長した守備陣を中心に勝とうとした(17〜20年)になります。このサイクルは主力がFAになる時期で大きく分類しています。
   Peyton時代は素晴らしいQBで勝ち切る短期決戦用でした。増大するキャップの後押しもあり、優秀なベテランを今と比較して破格の値段で獲得したことが成功の要因です。そしてポストPeyton時代として、No Fly ZoneとVon Millerという強力な個を擁する守備を中心とし、ラン攻撃と組み合わせて堅実に勝つことを選択しました。
   このプランはこの2年で失敗に終わったわけですが、それにはいくつかの理由があります。まずは今のNFLがラン一辺倒で勝てるほど単純ではないこと。2つ目に期待していた守備が2年続けて綻びが出たこと(去年のラン守備、今年のパスカバー)、3つ目にQBがパスでゲームを作れなかったことです。
   この失敗を受けてのオフシーズンになりますが、Elwayには2つの選択肢があります。
1、PHIやDALにならい、OLとRBをグレードアップしてラン攻撃を更に強くする
2、ランが機能しなくてもパスで試合を組み立てれるQBを獲得する
   今までの報道を見るに、後者を選択したように思います。これを念頭に補強戦略を考えます。

 
QB
   FAでランが出なくても試合を作れるQBはCousinsとBridgewaterになります。そして健康で実績があるのはCousinsです。問題は金額で、DENはキャップが厳しくベテランを何人か解雇しないことには30Mという数字は払えません(これについても後日取り上げます)。FAで高くなっても25Mが限界だと思います
   一方のドラフトはJosh Rosen(UCLA)、Baker Mayfield (OU)、Sam Darnold(USC)、Josh Allen(Wyoming)が候補だと思われます。彼らはそれぞれ欠点があり、また前の4つで1人以上は指名されるでしょう。残った中での選択になりそうです。
   QBに関してはSBで勝てるや、フランチャイズQBとして10年以上活躍できるといった高望みはできません。残り2年とその次のサイクルで軸となれる選手が欲しいです (最低限2024年まで)。現状のDENはPOに復帰するのが目標です。そのための軸になれるQBを取らなくてはいけません。だからといってマネーゲームに参加しては他を圧迫しますので、そこもジレンマです。


RB
   C.J.Andersonは解雇でデッドマネー無しの4.5Mを節約できますが、その代わりに2番手以降が不足するので、ドラフトでの指名が必要になります。そのため、CJが解雇されるならドラフト後になるでしょう。
   FAで狙うならLe'Veon Bellだけではないでしょうか?年15Mと言われていますが、オールプロRBですからね。市場に出ることすら稀です。RBも個の力が重要だと考えれば、Elwayなら取るかもしれません。
   

WR
   昨年の3番手がCody Latimerでした。Demeryius Thomasは頑丈ですが、Sandersは怪我が増えています。2人とも30歳付近ですので、新しい選手が必要です。
   とりあえずLatimerは再契約したいです。STがこれ以上弱体化するのは死活問題です。
   昨年Carlos Hendersonを取りましたが、過度な期待はできません。長らく補強していなかったので、またドラフトしても良いと思います。Deontay Burnett(USC)やAnthony Miller(Memphis)のようなプレイメイカー欲しいです。


TE  
   毎年のように指名していますが、ここまで期待通りにはいっていません。ブロッキングTEのGreenがFAになります。再契約したいですが、彼が1番手だとパスゲームでターゲットが減るのもまた事実。どうなるか
   理想はAustin Taylor、Jeff Heuerman、Jake Buttが活躍することです。しかし怪我持ちがいますので過剰な期待はできません。FAになるのはJimmy Grahamですが、彼もまたブロック出来ないのでニーズではないです。
   4年連続でドラフト指名権使うほどの余裕はないです。まぁ関係ないでしょう


OL
   LT Bolles、RG Learyの加入で昨シーズンよりは好転しましたが、まだ通用しない場面も多かったです。問題はRTとLGですね。ここ数年来の問題がいまだに続いています…低迷の主要因
   FAで2番手、3番手クラスを狙った結果失敗していますので、もし取るならトップを狙って欲しいです。今年だとLG Norwellですね。とはいえOG2人に計20Mもかけれるのか…
  Nelsonは素晴らしい選手ですが、トップ5では指名したくないですね (ポジションバリューの問題です)。彼がOTだったら悩むことは無かったです。OGは粒ぞろいなので、OT McGlinchey取りたいです。


DL
   WolfeやPekoを解雇するようなことが無ければFAでベテランを安く取って終わりです。才能の片鱗を見せた若手に出番を多く与えて欲しいです。


OLB
   4番手問題あります。上位でとる余裕はないです。素材型かブルーワーカーを下位またはUDFAで取りたいです。RayとBarrettの先発争いの方が注目です。


ILB
   3年近く放置してきたツケが出ています。キャップかつかつなのに2人もUFAです
   Todd Davisと再契約するかどうか。2ダウンプレイヤーに先発級の金額を払うのは渋いです。パスカバーに難がありますし、ラン守備で格別な強さを発揮しているわけでもありません。FAで残ったら再契約だと思います
   ドラフトは逆に積極的に行きたいです。1巡ですとRoquan SmithやTremaine Edmundsなどですかね。スピードのある選手欲しいですね


DB
  Talib解雇となったらニッケルにSS Parks置く3Sになると思います。CBの4番手を指名する程度でさしたる補強はいらないでしょう。Stewartにマンカバーさせなければよし


ST
   McManusを競争させるかどうか


まとめ
   とりあえずキャップは数字以上にカツカツです。そしてQBへの動きは全くわかりません。ここ数年はおとなしかったものの、ElwayのFAは派手ですから、ここらで大物釣り上げやってもおかしくありません。とりあえず将来のQBは絶対に取ってください。勝てるQBだと嬉しいです