・さて明日はいよいよSuper Bowlになります。やはり2週間しっかり準備しての対決は楽しみです。どんなプレイが飛び出すのか、どんなドラマがあるのか、どんな結末が用意されているのか。


Philadelphia Eagles
   MVP級の活躍していたQB Carson Wentzを失い、控えはNick Foles。その実績からファン以外はほとんど勝ち上がることを予想していませんでした。アンダードッグを覆してきたチームがミネソタの地でどんなパフォーマンスをするのか。

パワーランで主導権を握る
   PHIにはAjayiとBlountという2人のパワーランナーがいます。さらに強力なOLがおり、彼らがNEのフロント7相手に主導権を取れるかは序盤における最大のポイントでしょう。ここで勝てれば前半は有利にオフェンスを展開できる可能性が高いです。ランを機能させてFolesの負担も軽減したいですね。


INTを投げない、ファンブルをしない
   Folesが主体となって勝ちを導くプレイを期待するのは酷でしょう。彼にはゲームマネージャーてしてミスすることなく、出来ることをこなしてTDを取ることが求められます。
   そのためにはターンオーバーで攻撃権を手放すことは避けなくてはいけません。実力が伯仲しているだけに、ターンオーバーから一気にモメンタムを失うことに繋がってしまいます。堅実なプレイを期待です


高速DLでプレッシャーをかけろ!
   破壊力はJAXのDLの方が上だったかもしれませんが、スピードとデプスの厚さではPHIの方が上でしょう。常にローテーションすることでフレッシュな状態を保つ彼らは終盤になっても脅威です。
   DT Coxが有名ですが、DE Grahamも実力者。サックまで至らなくても常にブラインドサイドからLTを押し込み、QBにプレッシャーを与えます。Bradyを焦らせてタイミングを狂わせたいです。


RBとWR Cooksを抑える
   White、Lewisに代表されるRBたち、そしてWR CooksはNEオフェンスに縦の幅を与える選手たちです。彼らを1対1で抑え込むことが出来れば、TE Gronkowskiにダブルカバーを引くことが出来ます。どちらかのマッチアップでPHIは勝ちたいです。
   RBにはスピードのあるLB Kendricksがマッチアップすると思います。早いRBへのパス、サイド際へのタイミングパスをどれだけ防げるかが重要になるでしょう。タックルを外すのも上手いですから、タックルミスも気をつけたいです。
   WR CooksにはエースCBのDerbyがマッチアップするでしょう。Cooksのスピードのクイックネスは脅威ですが、アグレッシブに攻める必要があります。1試合通してこの攻防は注目です。


先行逃げ切りを決めれるかどうか
   NEに追いついて逆転する展開はかなり珍しく、また難しいものです。PHIとしては先行してリードを保ったまま4Qに入りたいです。
   そのためにはやはり先制TDを取りたいです。ODともに入りかたが重要になるでしょう。先制し、追加点をとり、常に14点差を保つようなプレイが出来れば勝利はぐっと近づきます。
   とはいえSBという舞台で普段通りのプレイをすること、普段通りのゲームプランで行くことは不可能に近いです。相手はアジャストが得意な百戦錬磨のNE。細かくて早い修正を施しながら、頭をフル回転させる必要があります。このアジャストの攻防にも注目です。


雑感
   DLでアドバンテージを取れるか、ラン攻撃を機能させることが出来るか?この2つが重要なファクターです。仮にここのマッチアップで勝てないと厳しい戦いになります。
   とにかくミスをしないことが重要です。攻めながらミスをしない。かなり難しいですが、やらなくてはいけません。豊富なタレントを活かして目線を散らしながら試合を進めたいです。
   PHIは決してアンダードッグではありません。彼らは強い。良い試合になることに期待したいです。