・ブロンコスコラムはまた明日にします

・やっている人もいるでしょうが、折角の機会なので僕も調べてみました。


・Maddenの呪いとは?
   NFLの名物解説者だったジョン・マッデンが1988年から監修をしているMadden NFLというゲームがあります。そのパッケージに採用された選手が悉く成績を落とすことから「Madden Curse(マッデンの呪い)」と呼ばれています。
※昨年はペイトリオッツのTEロブ・グロンコウスキーでした。(下は去年の表紙)



・呪いの起源
   マッデンNFLのカバーに現役選手が採用され始めたのが1999年でした。そのMadden NFL 99に採用されたRBギャリソン・ハースト(SFフォーティーナイーズ)が最初とされています。
   今までのべ23人が表紙に採用されています。その23人が表紙に採用される前(つまり「呪い」発動前)は23人合計で110回のプロボウル選出だったのに対して、「呪い」発動後はたった25回しかプロボウルに選ばれなかったそうです。( ;∀;)恐るべし「マッデンの呪い」


・呪われた選手たち(年はマッデンのカバーに準拠)
99年 RBギャリソン・ハースト(49ers)
   98年に1570ヤード7TDを記録。プレイオフでは絶頂期にあったファーブ率いるパッカーズを破るなど破竹の勢いだった。しかし、プレイオフのファルコンズ戦で膝を大怪我。再びプレイしたのは2001年でした。

01年 RBエディー・ジョージ(タイタンズ)
   殿堂入りも果たした名RBも「呪い」の犠牲者となりました。怪我こそなかったものの、前年に1509ヤード、14TDだった成績が939ヤード、5TDになってしまいました…翌年には1165ヤード、12TDを挙げているだけにピンポイントで成績が落ちました。これは呪われてると言えます

02年 QBダンテ・カルペッパー(バイキングス)
   前年に33TD16INTという素晴らしい成績だったカルペッパーですが、この年はわずか14TDに対して13INTと不振に喘ぎます。さらに背中の怪我で11試合の出場に止まりました。

03年 RBマーシャル・フォーク(ラムズ)
   "The Greatest Show on Turf"とまで呼ばれたラムズオフェンスの中心選手でも「呪い」から逃げれませんでした…
前の5年間のうち4年間で1300ヤードランを達成、パスキャッチでも素晴らしい成績を残していたのに、この年は818ヤードしか獲得できず。しかも足首に深刻な怪我を負いました。その後は成績が低下、「呪い」から3年後に引退しました。

04年 QBマイケル・ヴィック(ファルコンズ)
    03年8月に発売されたこのゲーム。表紙を飾ったマイケル・ヴィックはなんてプレシーズンにて右足の腓骨を骨折する大怪我を負います。幸いシーズン中に復帰することが出来たものの、わずか5試合の出場に止まり、ファルコンズも5-11という成績でプレイオフを逃す結果となりました。


05年 LBレイ・ルイス(レイブンズ)
   「マッデンの呪い」とは直接関係ないかもしれませんが、ご紹介を。04年(表紙になった年ですね)はリーグを代表する活躍を見せました。しかし、翌年の05年にルイスは怪我で6試合の出場に止まりチームも6-10という不振に陥りました。1年越しに発動とは…強烈な呪いです

06年 QBドノバン・マクナブ(イーグルス)
   04年に3875ヤード31TDに対してわずか8INT。チームは13-3でスーパーボウルに出場するなどキャリア最高を記録していました。しかし、05年シーズンではスポーツヘルニアを発症するなど開幕から怪我に苦しみます。さらにマンデーナイトのカウボーイズ戦で股関節を負傷。そのままシーズン終了となりました。結局この年は2507ヤード、16TD9INTで、チームも6-10と低迷しました。

07年 ショーン・アレキサンダー(シーホークス)
   1880ヤード27TDランを決めた翌年に「呪い」にかかりました。05年に合計28TDを決め、シーズンMVPを獲得。チームはスーパーボウルに出場するなどキャリアの絶頂を迎えていました。しかし、マッデンのカバーになったこの年、開幕から怪我などで不調に陥り10試合経過したところで故障者リスト入り。前年の半分以下の896ヤードしか走れませんでした。さらにここから成績が低迷。あっという間に過去の人になってしまいました

08年 QBヴィンス・ヤング(タイタンズ)
   07年にチームをプレイオフに導き「呪い」を否定したかに思いましたが、翌08年に3試合目にして怪我。その後リリーフしたベテランQBが13-3の好成績を残して先発を失いました。一度は復活しそうだったものの、そこから上がることが出来ずドロップアウトしてしまいました。

09年 QBブレット・ファーブ(ジェッツ)
   07年に引退したはずのファーブですが、ジェッツのQBとして電撃復帰。開幕から好調で8-3の成績を残していたものの、そこからの5試合で1-4しか残せずプレイオフを逃しました。ラスト5試合でファーブは2TDに対して9INTと大失速の原因となりました。このシーズンの後に肩の怪我を理由に2度目の引退。

10年 SSトロイ・ポラマル(スティーラーズ)
   カーディナルスのWRラリー・フィッツジェラルドと一緒に表紙を飾りました。この年のポラマルは開幕のタイタンズ戦でMCL(膝の内側側副靱帯)を捻挫し4試合欠場。シーズン中盤のCIN戦で再び同じ箇所を怪我して故障者リスト入りしました。同じ年に2度も同じ箇所を怪我する不運…ちなみにフィッツジェラルドは特に問題ありませんでした

11年 QBドリュー・ブリーズ(セインツ)
   マッデンの表紙を飾る前年にスーパーボウルを制覇。ハリケーン「カトリーナ」の被害から復興を目指すルイジアナに希望をもたらすなど、目覚ましい活躍をしたブリーズ。一転してこのシーズンは前年からTDは変わらずINT数を倍増させるなど成績が振るわず。チームはプレイオフ出場を果たすものの安定しませんでした。

12年 RBペイトン・ヒリス(ブラウンズ)
   この頃になると世間一般でも「マッデンの呪い」が声高に叫ばれ始めました。そのような中選ばれたのが、11年に1117ヤード11TDとブレイクしたヒリス。この年は10試合の出場に止まり、577ヤード3TDと低迷。「呪い」の信ぴょう性を高めてしまいました…すごいスケープゴートにされた感じがあります…

13年 WRカルビン・ジョンソン(ライオンズ)
   「呪い」は選手だけでなく、チームにも降りかかる。そんな噂を残したのがこのマッデンNFL2013でした。この年のジョンソンはNFL歴代最多の1964ヤードを獲得するモンスターシーズンを送り、格の違いを見せつけていました。反面チームは低迷。ジョンソンの成績と反比例するかの如く4-12でシーズンを終わりました。

14年 RBエイドリアン・ピーターソン(バイキングス)
   膝の靭帯断裂から超特急で復帰し、歴史に残る活躍をしたのが12年のこと。マッデンのカバーを飾った13年シーズンは問題なく過ごしました…が、翌14年。開幕から1試合を経過したところで息子に対するDVが発覚。社会問題となりそのままシーズンを棒に振りました。このあたりから隔年でしかもう活躍しないのでは?疑惑が浮上

15年 CBリチャード・シャーマン(シーホークス)
   シーホークスのディフェンスバック"Legion of Boom"の一員として活躍していたシャーマン。前年にはスーパーボウルチャンピオンになるなどキャリアの絶頂期を謳歌していました。しかし、このシーズンこれまで量産していたINT数が減少。さらにプレイオフでは左肘の靭帯を負傷。オフに手術を行うなど不幸なことが続きました。このシーズンから衰えが見えてきていて、昔のようなシャットダウンCBではなくなってしまいました。

17年 TEロブ・グロンコウスキー(ペイトリオッツ)
   昔は2年連続で故障者リストに入るなど、出れば活躍するが怪我に弱いという選手でした。しかし、14、15年はほぼフル出場でチームの勝利に貢献。ついに怪我をしない怪物TEに進化したと思われましたが…マッデンの表紙に選ばれた16年シーズン。わずか8試合の出場に止まり、マッデンの呪いは払拭されていなかったことが明らかになりました…しかもチームはまたしてもグロンコウスキー抜きでスーパーボウル制覇。彼がボストンを離れる日は近いのかもしれません…

・まとめ
   調べてわかりましたが、「マッデンの呪い」かなり強烈です。選手、チーム含めて無縁だったのは00年のRBドーシー・レーバンズ(パッカーズ)、10年のWRラリー・フィッツジェラルド(カーディナルス)、16年のWRオーデル・ベッカムJr(ジャイアンツ)くらいでしょう。(一部こじつけみたいな選手もいますが…)
   「マッデンの呪い」は絶頂期を少し過ぎた頃になるので、そこからの衰えが早いという側面もあります。とはいえ、ここまで多くの選手が犠牲になっていると何かしらの力が働いているのかもしれません… 
   マッデンNFL18は表紙がQBトム・ブレイディ(ペイトリオッツ)になりました。未だトップクラスのQBとはいえ、すでに39歳。なぜまだ現役なのか不思議な選手ですが、彼に「マッデンの呪い」が効くのか?シーズンの注目がまた1つ増えました。
   ちなみに、ブレイディ自身は「呪い」なんてナンセンスだと笑い飛ばし、鏡を割り、脚立の下をくぐりました。(この2つの行為はアメリカで縁起が悪いとされています。)
https://twitter.com/adamschefter/status/863155539068559360こちらがそれを記録した動画になります。


「マッデンの呪い」に関するコラムでした!僕個人としてはブレイディには効かないと思います笑