・相次ぐターンオーバーにSTのミスと荒れた試合になりました。最後は守備が物をいい27-19で勝利。これで6-2。KC、OAKも勝ったので順位は変わりませんが、後半戦に向けてまずまずの成績だと言えるでしょう。

・inactiveはCBタリブ、LBマーシャルなど。Cパラディス、OLBウェアは出場しました。



それではレビュー
オフェンス
 シーミアン良くなかったというか、まぁこんなもの。という感じです。やっぱりプレッシャーかかるとポンコツになってしまいますね。それでも2ファンブル1ロストにPick6はやられすぎ。あとRZでのパスが通らなさすぎ
 ブッカーはファンブル気をつけて。敵陣2ヤードはもったいない。あそこはTDじゃなくてもよかったシチュエーションなわけで、そこまで無理するものではなかったでしょうに…
 デメアリアスが落球してねぇ。サンダースも順当に活躍。でもRZでTDがとれない。デメアリアスにフェード投げないのかな?捕れないか…てかシーミアンじゃ投げれねぇか
 OLは酷かったです。前回ほどではないですけど。まぁランが出たので及第点。戦犯になるほど酷くはなかった


ディフェンス
 クリックが3PDに1サック良かったです。ウルフもいつも通りでした。でもゴードンにコンスタントにランを出されたのは反省しましょう
 ボンちゃんがサックを決め、ウェアも決め。覆ったもののFFサックもどきも決め。さすがですね。役者が違う。レイもこのレベルになってくれると嬉しいな~
 そしてDB今回のMVP。ロビーのPick6にスチュワートとTJのINT。ドスは最後の4thダウンでPD決めました。特にドスがニッケルCBで輝きましたね。大学時代からニッケルはピカ一でしたが、ここでその能力が開花しました。シモンズもサック決めたし、パークスも良かったです。


ST
 相手が45ヤードFG外したり、バレットがPATブロックしたり、2ptでインターフェアやって失敗したりとラッキーでしたね。
 ディクソンは自陣2ヤードからネット64ヤードのロングパントを披露。これは大きかったですね。ナイス。マクマナスの安定のキックオフも光りました。ただ、ラフィングザキッカーはだめ。それは最悪。気をつけましょう 



お互い3ターンオーバーに1TD。勝敗を分けたのはSTとディフェンスの粘りですかね?どちらもミスがあったけど、より多かったのがSDだったというだけで、普通に負ける可能性もありました。決して強い戦いかたではないですが、こういう接戦を制するのがキューブです。昨年もそうでした。今年はいささか不安な部分が多いですが、この調子で頑張って欲しいです。