・NTテレンス・ナイトンもFAになる可能性が高いそうです。元からダブルチームが苦手なので3-4NTには不向きと言われています。フィリップスD#がいくら1ギャップ3-4だとしてもダブルチームを受ける機会は多くなります。FAで代わりを探すのか、ドラフトするのかはまだわかりません。


各ポジションの上位5人を紹介しようと思ったのですが、それはそれで味気ないのでDL、OLはブロンコスが指名できる選手からやります。(注)守備はあくまで3-4で考えています。

DL編

1、ダニー・シェルトン
まさかのコンバインで40ヤード5.66という史上稀に見る鈍足っぷりを発揮して落ちて来る可能性が上がりました。
しかし、タイプとしてはNTサイズだけどダブルチームでずるずる下がってしまうので3テクが適正とされています。
これはシルベスター・ウィリアムスと変わらないので、ブロンコスが指名することはまずあり得ないでしょう。

2、ジョーダン・フィリップス
コンバインでも動けることを証明した1巡下位候補のNTです。サイズの割りにキビキビ動けます。ダブルチームだと少し疑問が湧きますが、パスラッシュ能力もあるのでDLとして指名するならありです。

3、エディ・ゴールドマン
ゾーンブロックを破壊でき、ラン守備に強いがパスラッシャーとしてはあまり期待できないそうです。上体が強くてビッグプレイ能力も期待できます。指名は避けたい印象です。

4、アリク・アームステッド
6-8の割りには動けるのはさすがオレゴンですが、意外と手が短いのと軽いので3-4のDE適正だと思います。ここにはマリク・ジャクソンがいるので微妙です。トレードダウンしたら一考の余地あり。

5、カール・デイビス
シニアボウルから評価を上げてきていて、コンバインでも動けることを証明しました。3〜5テクどこでも使える万能性があり2巡で指名できるならお得だと思います。


レオナルド・ウィリアムスやマルコム・ブラウンは届かないので載せていません。2巡だと他にマリオ・エドワーズがいますが、彼はちょっと軽いので今回は除きました。