K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのファンブログです! その他にもドラフトやFA、プレイ解説も行っています!

2020年11月



・ブログを書くモチベの火が( ˘ω˘ ) スヤァ…な訳ですが、少しずつ書いておきたいと思います。
ATL戦は27-34で敗戦。ガベージタイムで体裁を整えただけなので、実質は完敗ですね


オフェンス
   OLがね…良くないんですわ…Lockのパス精度が〜とよく言われますが、それだけではないです。そもそもLockというQBはパスプロが良いチームである程輝く選手です。彼がしっかりステップアップして投げればパスは通るわけです。それが出来ていないのはOLの責任です。特にC/OGが良くないです。ルーキーC Cushenberryは毎試合パスプロで苦戦し、Risnerも決してパスプロで勝っている訳ではないです
   

ディフェンス
   Davontae Harrisが先発なのは目を覆いたくなるものです。昨年のIsaac Yaidomと競うレベルの選手だった訳ですから。案の定3番手WRにロングを攻略されるという惨状でした。
   DLもShelby HarrisがCOVID listで欠場となり、開幕時の先発が不在になりました。ランは抑えてよく頑張りましたが…今年ずっと課題であるプレッシャーは安定しないですね


まとめ
   なんでATLこんなに成績悪いんだ…
順当にATLに力を出されました。それに対抗するだけの力がないですね。
   今シーズン変わらずオフェンスのスタートが悪く。いままで粘ってくれるディフェンスも崩壊してしまったら難しいですね
   来週はLV戦です。自分たちの戦い方をはっきりと貫いてるチームです。ここに勝つのは難しいかもしれませんが、しっかりとした準備をして欲しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加



・前半と後半で別のチームでしたw
31-30で大逆転勝利。2012年Peyton Manningが見せたミラクルカムバックと同様の内容でしたね。もう少し落ち着いた試合見たいですがw


本日のDrew Lock
   26/41 248ヤード3TD1INT。前半は酷すぎました。パスはほぼ通せず、パントを蹴らせるためにフィールドにいたようなものです。
   後半というか4Qは素晴らしく、Albert O, HamiltonへのTDパスをヒット。ロング3rdダウンも更新するなど持ち味が出ていました。そして最後のTDは落ち着いて決め切りました


RZ最強Albret O
   KC戦で初めて出番を得たわけですが、マンカバーでナイトメアマッチアップを起こしています。まだキャッチ力は甘いですが、反則を生み出し、オープンになれるなど狭い範囲で素晴らしい選手です。1年目ですが限定的な起用で結果が残せてるのが素晴らしいです


Bryce Callahan saved the game
   Mike Williamsとの身長のミスマッチを覆してINTを決めました。あそこでやられるのが今までのブロンコスクオリテイーでしたが、まさかの結果に驚きました。
   何よりリーグ屈指のジャンプボールを得意とする大型WR相手に決めたのが素晴らしいです。小柄でも戦える彼らしいプレイですね。ChrisHarrisを彷彿とさせるプレイでもありました。



まとめ
   Rypienと交代か?とまで言われた酷すぎる前半からカムバックしました。相手が(ノ∀`)アチャージャーズを披露したこともありますが、ミスをしても取り返したのが大きかったです。
   攻撃は何とか建て直しました。真ん中3枚が安定してからはLockのプレイも良かったです。そしてブロンコスの軸となるのはやはりLindsayですね。小柄なファイターが55ヤードTDで反撃ののろしをあげました。
   守備陣はTDパスでやられる場面もありましたが、追い上げてからは抑えていました。Mike Purcell不在でラン守備に不安は残りますが、Dre'Mont Jonesが良い活躍でした。いつも感謝です
   G Graham Glasgow、DC Ed Donnatellとコロナリストでの離脱者が出ています。難しいシーズンですが、残り半分ほど頑張ってほしいです
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ