K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのファンブログです! その他にもドラフトやFA、プレイ解説も行っています!

2020年03月


パンサーズのニーズ
QB, OL, DT, ILB, CB, S
 LB Kuechlyの引退、TE Olsen, QB Newtonの解雇。この10年を象徴するベテランたちがチームを去りました。新HC Matt Rhuleの元チームは再建されることになります
 さて、その再建1年目のドラ1は特別な意味合いを持ちます。指名するポジションでどのポジションを重視するのか見えてきますからね。QBはBridgewaterの獲得でトップニーズではなくなりました。OLも両OTをはじめ先発はいます。そうなるとディフェンスでしょうか


それを踏まえてプロスペクト紹介
DT Derrick Brown(Auburn)
 この時点でCB Okudah, LB Simmonsが消えている想定です。CARはNT Poe, DT Butler, DT McCoyといったメンバーをFAで失いました。DLはデプス含めてペラッペラであり補強はマストと言えます。
 Brownは中心でアンカーを張り、相手のOLのコンビネーションを分断できるDLです。こういう能力は稀有ですね。Kawann Shortと組むのに良い選手でしょう

OG Tristan Wirfs(Iowa)
 OGにトップ10はどうなの?という疑問はつきませんが、オールプロも狙える逸材なら話は別ではないでしょうか?Wirfsは素晴らしいパワーと規格外のスピードがあります。カレッジではFrからRTで先発していましたが、パスプロに多少難があるためOGの方が適性高いのでは?と言われています
 LT Okung, RT Motonと契約は短いですが先発はいます。控えには2年目のLittleもいます。RT向きの選手が欲しいのは明らかです。その中でOGの適性が高く運動能力の高いWirfsは魅力的な候補です


結論
DT Derrick Brown(Auburn)IMG_2652

 いくら言葉を尽くそうが守備がやばい事実に変わりはありません。今年の守備陣ではSimmons, Okudahと並んで傑出したポテンシャルの持ち主です。BPAに乗っとるなら彼の指名をするべきです
このエントリーをはてなブックマークに追加


チャージャーズのニーズ
QB, LT, ILB
 Philip Riversとの15年に渡る蜜月に終わりを告げました。ここまでQB補強はなく明日開幕すれば先発はTyrod Taylorになります。LTもRussell OkungをCARにトレードしたことで2年目のTrey Pipkinsになります。こちらの方が優先度低いですかね。ILBは2年前くらいから人数が足りません


それを踏まえてプロスペクト紹介
QB Justin Herbert(Oregon)
 今年のQB3人衆最後の1人。1巡でQBを指名するなら彼でしょう。高いポテンシャルがありますし、昨日も書いたようにモダンなQBに必要なスキルを持っています。
 HC Anthony Lynnは走れるQBを望んでいるとの話ですし、Herbertなら当てはまりますね。Cam Newtonの獲得など今後動きがあれば別ですが、恐らくドラフトでの指名になるでしょう

OT Andrew Thomas(Georgia)
 今年LTの適性が最も高いのはThomasでしょう。素晴らしいランブロッカーであり、器用なパスプロテクターでもあります。6位だとリーチ気味の指名ですが、即戦力になることが出来ます。
 とはいえ3巡で指名した2年目のPipkinsがLT候補であり、RTにはBrian Bulagaを迎えました。高い緊急性は感じません


結論
QB Justin Herbert(Oregon)IMG_2651
 Riversが去ったこと、FAでの補強を見るにQBをラストピースとしてチームを再構築したい意図が見えてきます。この場合QBはドラフトで指名し、5年後はそのQBを軸に次のチーム作りに入る。15年前にRiversを獲得した際と似た動きになるのではないでしょうか?
 より走力のあるTuaを好むという話もありますが、トレードアップしないと指名出来ない可能性が高いです。この「1日1モック」ではトレードはなしなのでHerbertになります。


このエントリーをはてなブックマークに追加


・CARがQB Cam Newtonを解雇しました。1つの時代が終わり、新しい時代を迎えます。

ドルフィンズのニーズ
QB, WR, OL, DE, S
 ベテラン一掃してスクラップを敢行した18年と打って変わって19年はリビルドモードを押し進めています。FAでも積極的に動いたことでODともに必要なピースを埋めています。
 全体的にオフェンスのピースが足りてないです。特にQBは長らくトップニーズとして名前が上がってます


それを踏まえてプロスペクト紹介
QB Tua Tagovailoa(Alabama)
 オーナーがTuaにぞっこん。もう1年近く言われています。これがMIAはTuaを取ると根強く言われる根拠です。最近はトレードアップしたLACがTuaでMIAはHerbertなんて予想も見ますが
 Tuaの素晴らしいところはディープボールのパスタッチですね。糸を引くような綺麗なスパイラルでWRの手元にドンピシャで通せるのはかなり稀有な能力です。優れたアスリートでもあります。懸念は耐久性の低さとプレッシャー耐性の低さですかね。強いOLは揃えたいところです。
 2年連続で怪我してなおこの評価の高さが彼のポテンシャルの高さを物語ります。健康でいればフランチャイズQBとして成功できる素質があります

QB Justin Herbert(Oregon)
 もう1人のQB候補はHerbertです。大柄な強肩が魅力のアスリートです。体の捻りだけで62ヤード投げたプロデイのパフォーマンスは流石でした。モビリティーもあるモダンQBで、投げるのはもちろん走ることも出来ます。シニアボウルで1人だけ別格のパフォーマンスを見せたようにトップ3QB評価に相応しいです
 懸念はオレゴンがスプレッドオフェンスをメインにしていることでしょうか。プレイブックが簡略化されていますので習得までに時間がかかるかもしれません。


結論
QB Tua Tagovailoa(Alabama)IMG_2650
 MIAのQB指名はほぼ確実です。FAでの補強、1巡を3つ持つことを考えれば他のニーズは残る指名権で取れます。せっかくトップ3QBが取れるのだから取るでしょう
 正直に言えばTuaなのかHerbertなのかわからないです。そこはドラフトのお楽しみです
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ