K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのファンブログです! その他にもドラフトやFA、プレイ解説も行っています!

2016年10月


・元HOUのエースRBアリアン・フォスターが引退を発表しました。シーズン終了後ではなく、すぐにでもとのことです。お疲れ様でした

・オクーン、シモンズ出場で、ラティマーやキオがinactiveになりました。

・結果は27-9で勝ちました。


それでは振り返り
オフェンス
 最初の2シリーズはパスを投げました。ほとんど通らず3&outでした。一度デメアリアスへの素晴らしパスがあったもののオクーンの反則で取り消されました。
 3シリーズ目からランを多用し、多くのゲインを稼ぎました。そこからCJのTDラン、デメアリアスへのTDパスがあり、逆転して前半を終えました。後半はターンオーバーから、大きなミスもなくランを中心に攻め、ブッカーがキャリア初のTDを決めるなどだめ押しをしました。
 QBシーミアンは157ヤード1TDという成績に終わったものの、ミスなくドライブを継続し勝利に貢献しました。彼が堅実である限り、接戦を制することが出来ると思います。
 RBはCJとブッカー合わせて190ヤード2TDと大爆発でした。コンタクトした後もしっかりヤードを稼ぎ、ホールが空けばしっかり突っ込む。ボールセキュリティもしっかりしていました。ロングゲインはありませんでしたが、安定しており、ゲームの軸となりました。
 デメアリアスを手放しで褒めようとしていたのに、3rdダウンでのドロップでケチがつきました。サンダースがノーミスなだけに余計に目立ちますね。それでも、最初のTDドライブではショートパスでリズムをつくっていたのは彼でした。
 OLはやはりガルシアが復調したのでランが出ました。中に大穴を空け続け、相手のDL、LBを圧倒。DEクラウニーもしっかり取っており、コンボ抜けしてからきっちりLBを取るなど素晴らしい活躍でした。Cパラディスの安定感、RTスティーブンソン復帰によるパスプロの改善も大きかったですね。ただ、オクーンは1Qのホールディングでドライブを止めており、流れを悪くしました。次週への課題です。



ディフェンス
 開始早々にRTデレック・ニュートンが怪我で退場。後に両膝の膝蓋腱断裂という報道がなされました。3Qに入ってからはCBボウイ、SSと主力が立て続けに怪我をしたHOUはチーム全体としても挽回出来ませんでした。
 DLはランを止め、仕事を果たしました。終盤にウルフ、クリックと連続でハエ叩きをするなど最後まで万全の状態でした。
 LBはもっとも活躍したと思います。TEやRBへのカバー、ランへのタックルなど大きなミスをすることなかったです。ドローへのリアクションが後手に回ったのは痛かったですね…
 DBはほぼ完璧でした。密着カバーでエクストラゲインをほぼ許さず、Osに投げさせませんでした。ランへは速い上がりで止め、アルフレッド・ブルーからはFFさせターンオーバーに成功しています。特に12回もターゲットになったホプキンスが目立たなかったのは大きかったですね。
 Osが3歩のパスを多用し、プレッシャーが来ればすぐにポケットから出たためINTもサックもなかったです。ただ41回で132ヤード喪失は歴代最低だそうです。

ST
 相手Pのレクラーがすごく調子良かったです。そのためフィールドポジションは序盤は良くなかったです。  
 キックオフでは速い集まりでリターナーをしっかり潰せていました。
 パントの時のブロッキングは危なかったのでしっかり確認して欲しいです。



苦手なTEシームやRBへのパスを使わず、ディープもないなどやりやすい相手でした。Osのプレイリードの悪さに大きく助けられた部分があり、まだ課題が改善したとは言えません。来週は再びのSD戦ですから今度はしだかりと対策して勝ちたいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加


・Os凱旋。そして山場のMNF。色んな意味で負けられない

・私が昨年から推しているAlabamaのFSエディー・ジャクソンがシーズンエンドだそうです。今年のトップFSなだけに残念です…

・LTオクーン、WRラティマーはQuestionableですが出場する見込みです。ウェアはoutです。Week9のOAK戦から復帰する予定だそうです。


それでは戦力分析
DENオフェンスvsHOUディフェンス
 まず、スーパースターJ.J.ワットがいません。うちのOGじゃ勝てないだろうからこれはラッキーです。ですが、DE/OLBジャディビオン・クラウニーの活躍で大きな穴とはなっていません。OLBウィットニー・マーシラス、ジョン・サイモンの両OLBにILBベナードリック・マッキーニーとタレントは揃っています。
 フロント7とは対称的にセカンダリーはボロボロです。JoJoことCBジョナサン・ジョセフはタックルが出来ず年齢による衰えを見せ、CBカリーム・ジャクソンも怪我で出場が危ぶまれています。ニッケルSSのK.J.ディロンもIRに入りました。それでも覚醒したA.J.ボウイ、ケビン・ジョンソンがおり、軽視することは出来ません。
 これを踏まえてランを出さなくてはいけません。HOUはNTビンス・ウィルフォーク、ILBブライアン・クッシングというベテランが衰えており、弱点となっています。あのINDに100ヤード走られるくらいですから相当ですね…なので、試合ではここをまず狙っていくと思います。うちのOLはランブロの強さに定評があります。先週のように終止負け続けなければしっかりランを出せるでしょう。このランが出なければまた負けます。ここがポイントになります。
 パスに関してはランが出なければどうしようもありません。やはりサンダース、ノーウッドを中心にショートパスでリズムを作りたいですね。あとはWRがファンブルしなければいいです。デメアリアススクリーンや奥を使う展開にならなけらばいいのですが…


DENディフェンスvsHOUオフェンス
 WRウィル・フラーがハムストリングの怪我で出場出来るかわかりません。そうなるとエースWRディアンドレ・ホプキンスへの負担が大きくなるでしょう。RBラマー・ミラーは優秀ですが、一人で流れを完全に変えれるほどのRBではないです。あとはスロットWRのブラクストン・ミラーを警戒すべきです。OLはRGジェフ・アレンやRTデレック・ニュートンが怪我で試合に出ない可能性があります。その場合の代役たちならウルフ、ボンちゃんの敵ではありません。LTデュアン・ブラウンもまだ本調子ではないですね。そしてLGゼイビア・スアフィロは開幕から穴となっています。パスラッシュはここら辺を攻めたいです。
 まずホプキンスへのパスは警戒すると共にINTのチャンスに繋がると思います。HOUはこのエースに大きく依存していますから、ここを並の成績に抑えれば手詰まりにさせることが出来ます。タリブ頑張れ
 フラーが出た場合はスピードのあるロビーと追いかけっこになります。Osはぶん投げて来ますからかなり大変でしょう。スロットのミラーはハリスでも苦戦するでしょうから、LBやSがヘルプしたいです。彼が調子に乗ると厄介です。 
 TEはフェデロウィッツがメインターゲットになります。トッドはここ数週間やられているTEのシームへしっかり付いていって欲しいです。INDはこれにやられていました。今週は止めたいです。 
 RBのミラーですが、パスキャッチも上手いです。IND戦ではオフタックル(OLの外側、俗に言うCギャップ)をスピードで捲ってゲインしていました。両OLBはしっかりコンテインをして中に追い込みたいです。中のランはDLがしっかりOLを取り、LB、Sが集まって止めたいです。1stタックラーがきっちりタックルすれば余計なゲインはされないでしょう。
 そして1番肝心なことはOsにプレッシャーをかけることです。彼はプレリードが良くなく、ターゲットの切り替えに難がある選手です。そのためパスを投げるまでに時間がかかったり、コントロールミスをするなどの問題があります。そのためにはポケットを潰したいです。両OLBは良くプレッシャーをかけていますから、DLがしっかりプレッシャーをかけてポケットを潰せばOsをパニックさせることが出来ます。そこからリズムを崩して追い込みたいです。ポケットを潰していれば自ずとサックは付いてくるでしょう。


ST
 滞空時間に問題のあるPと飛距離のないKですから、ここでは勝ちたいですね。



 HOUのオフェンスというかOsはまだ問題を抱えており、完成されていません。そこにつけこむ隙があります。一方のDENオフェンスはミスなく着実に点をとっていきたいです。
 キューブはスロースターターなので練習から変えたそうです。その試みが発揮されるかどうか?ここも注目です。最近ディフェンスとSTにおんぶに抱っこなのでオフェンスはいい加減点をとりましょう。
 あと、Osはマーシャルが「ぶっ殺すくらいの意気込みで行く」の発言に対して「僕がいなければ良かったみたい」なんて腑抜けたことを言っていました。マニングなら「OK、殺せるものならやってみろ。僕たちが勝つんだ!」という意気込みだったろうに…こんな発言するようなQBには負けたくないです。絶対に勝ちたいです。
 因みに、マーシャルの発言は試合前のディフェンスなら普通です。そのくらいの闘志やメンタルがないとアメフトは出来ません。まぁメディアのインタビューで言うのはとても珍しいですね。それでも、特段過激な発言というわけではないのを書いておきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加


・ダリオン・ウィームスをカットしてMIAの元OGターナーを獲得。開幕前から言ってたけどね、やっぱりウィームスじゃ無理でしょ?だからOLちゃんとしよーぜーって言ってたわけで

・キューブは月曜日から復帰しました。偏頭痛だったようです。HOU時代に倒れたのとは関係ないそうです

・次のHOUは怪我人続出だそうです。詳しくはプレビューで


オフェンス
 ちゃんと見ましたけど、シーミアンひどいですねー。まぁわかってたことですけど…やっぱりこんなもんですね。今回はコントロールの乱れも目立ちました。OLが崩れてからの判断力にも問題がありますし、どこか気の抜けた様子でした。メンタルに問題がありそうです
 RBは頑張ったと思います。平均ヤードに関しては開いた穴に突っ込んでゴリゴリするのがCJで、わずかな隙間をダンスしながら進むのがブッカーです。なので、OLがあの様だとブッカーのほうが走れますね。こればかりは特徴の問題だから仕方ないですね。ブッカーはドラフトの時に見込んだ通りの活躍です。もう少し使えばいいのに
 WRとかいう大戦犯。そろそろいい加減にして欲しいですねー。君らのファンブルは酷い。なんで追いかけるチームがターンオーバーするわけ?おいおい…あとデメアリアスはそろそろちゃんとキャッチしてください。ミドルの落球は笑えない。サンダース11Mとか安いわー格安だわー
 OLというか、ガルシアなんですけど、ディフェンス漏らしすぎです。だからランが出ないんだよ!ということなんです。他は頑張ってたんですけどね…あとホールディング多すぎです。だいたいキープレイでやるなら余計にたちが悪い
 パスプロも概ねガルシアですかね?クロス系に何回やられました?学習しません?テンパりすぎでしょ…スティーブンソンはボサをだいぶ抑えていました。オクーンもイングラムを抑えました。素晴らしかった。パラディスの安定感が僕の心の支え


ディフェンス
 バンチからフリーになられてキャッチとかカバーしにくいのをやられて序盤は失点。そして止まらないショートヤードのラン。ファーストタックラーがタックルミスしなかったらそれロスタックルなんですけど…というのを何度見たことか…
 でも後半はしっかりアジャストしたわけで、そこはさすが白熊と言うべきところ。結局TDも開幕ドライブだけでしたし。でも、前半2つのロングドライブはいらなかった。あそこをしっかり止めたいですね。エンジンかかるの遅すぎ
 ゴードンのロングランですが、相手のブロックが良かった上にコンテインしなくてはいけないハリスが中に入って外のレーンが空いたというのが真相です。コンテインミス目立ったし、基礎からしっかりしましょーよー


ST
56ヤードFG失敗とマクラスターのビッグゲインくらいならお釣りくるくらいの2ファンブルリカバー。ディカミリス素晴らしい。前任者はCHIでひどいSTを相変わらず展開中



敗因はオフェンスが点取れないこと、ターンオーバーしたこと、ペナルティー多発したこと。つまりオフェンスが全部悪い。ラン出すとか、パスが酷いとか以前の問題。OLコーチは至急働いてください。アングル変えるとか色々あるでしょ。MNFまで時間あるし


あと、レイ君とパークスの活躍は目覚ましいものがありますね。レイはサックまでのあと一歩が届くようになったし、しっかりコンテインも出来てます。パークスはタックルしっかり倒しますね。これでもっとハードになったらウォードなのに
 
次のHOU戦は色んな因縁と縁があるけど、とらあえず3連敗回避のためにはマストウィン。ネイビージャージだし。
3連敗最後にしたのって11年ですよね?確かティーボウが負けこんだやつ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ