K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのファンブログです! その他にもドラフトやFA、プレイ解説も行っています!

2014年07月

オーナーのパット・ボウレンがDENを引退しました>_<とっても残念です;_;
彼はジョン・エルウェイを中心にSB二連覇を達成し、そのエルウェイを低迷期にあったDENに呼び戻しました。彼のおかげで現在DENは強豪と呼ばれています。
アルツハイマー病での引退だそうです。数年前から患っていたものの、病名を伏せて闘病をしていました。しかし、もう仕事をこなせないと判断しての引退です…子供たちの誰かが引き継ぐとのことで、売りには出されません。
先が長くないボウレンのためにも、DENは早く優勝して3つめのトロフィーを掲げたいです!!

本日は3-4OLBのご紹介を。主にパスラッシュを担当します。似たような役割の4-3DEとは違いパスカバーもします。役割が増えるので、人材は限られてます。

順番はいつも通りです^ ^

ロバート・マシス #98
30歳を超えてから正当に評価された好選手。OL(オフェンスライン)から離れてセットしてスピードで抜いていくプレイが特徴です。普通の選手より2、3m離れていて、時間がかかり不利なのですが、彼には関係ないですね(^^;;サックと同時にファンブルをよく誘発し、16試合で8回記録しました。


アルドン・スミス #99
3年間で41サック(リーグの平均だと10サックぐらい)を記録した化け物パスラッシャー。しかし、数々の問題行動と素行不良でも有名ですorz去年はアルコールの矯正施設に入ってました。
パワーとスピード、テクニックを備えた選手で、色々なパターンで相手にプレッシャーをかけていきます。


テレル・サッグス #55
でっかくて速いベテラン。テクニックもあり継続的にプレッシャーをかけ続けます。感情的にプレイし、守備陣のハート&ソウルです。吠えるような自己紹介が特徴でもあります。


ジャスティン・ヒューストン #50
爆発力をもったパスラッシャーです。スピードがあるのですが、ムラがあり格下相手には無双するのですが、同格以上にらかなり苦戦してプレッシャーも上手くかからないこともあります。


3-4OLBは実力にかなり差があるポジションですね。上が高すぎるせいかもしれませんが…
このエントリーをはてなブックマークに追加

個人的NFL番付シリーズはディフェンス編ではあと二つ、ようやく半分ぐらいです^ ^
しかし、今回はそれを置いといて我がデンバー(以後DEN)の53人ロースターを、選手の出入りも一緒にどうぞ

Quarterback: Peyton Manning, Brock Osweiler, Zac Dysert

Running Back: Montee Ball, Ronnie Hillman, C.J. Anderson, Juwan Thompson

Wide Receiver: Demaryius Thomas, Wes Welker, Emmanuel Sanders, Andre Caldwell, Cody Latimer, Isaiah Burse

Tight End: Julius Thomas, Virgil Green, Gerell Robinson

Offensive Linemen: Ryan Clady, Orlando Franklin, Manny Ramirez, Louis Vasquez, Chris Clark, Michael Schofield, Winston Justice, Will Montgomery, Vinston Painter



Defensive End: DeMarcus Ware, Derek Wolfe, Quanterus Smith, Malik Jackson

Defensive Tackle: Terrance Knighton, Sylvester Williams, Kevin Vickerson, Mitch Unrein

Linebacker: Von Miller, Nate Irving, Danny Trevathan, Lamin Barrow, Lerentee McCray, Steven Johnson, Brandon Marshall

Cornerback: Aqib Talib, Chris Harris, Bradley Roby, Kayvon Webster, Tony Carter

Safety: T.J. Ward, Rahim Moore, Duke Ihenacho, David Bruton, Quinton Carter

Punter: Britton Colquitt

Kicker: Matt Prater

Long Snapper: Aaron Brewer

となっております。DENの公式から持ってきたので英語ですが、ご容赦くださいなm(__)m
8割近くは去年と変わりませんね。それにFAとドラフトが加わっています。
少し注目選手を紹介しますと、
RBの最後に名前のあるJuwan ThompsonはUDFA(ドラフトされなかった新人選手)で一番の注目株です。
TEにはPayton Manningのお気に入りのJacob TammeではなくGerell Robinsonになっています。
実際はWRは6枠ではなく、5枠でTEが1枠増えるかも知れません。しかし、Tammeの名前が無いことは驚きです。

今日づけでTEジョエル・ドリーセンがDENからカットされました>_<
2012年にHOU(テキサンズ)から移籍してきて、その年は主力としてマニングのターゲットとして活躍したものの、昨年は自身の怪我とジュリアス・トーマスのブレイクにより先発落ちしていました。
カットの理由はコンディションが悪い、つまり怪我が治っていなかったということですね。昨年のマゲイヒーと同じ理由です(^^;;
ブロックがメインだったものの、パスターゲットとしては安定していましたが、2番手止まりでした。今年は残ると思っていただけにちょっとびっくりしました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の雨は凄かったですね〜革靴がまだ乾きません(>人<;)
そのうえ、書きかけのデータが吹っ飛びましてこうして書き直しているしだいです(^^;;
3-4DLっていい選手多いですね、それだけ身体能力が重要視されるせいでもあるのでしょうが、私が4-3の選手を知らないってのは目をつむってくださいww

3-4DLはスタッツだけを見ると4-3の選手より劣っていることがあります。これはダブルチームを受ける確率が高いせいでもあります。身体能力だけならリーグでも高い選手が多いですね。パワー、スピード、テクニック、全て必要なんです!
3-4は中央のNTと左右のDEから構成されます。サイズはDEが4-3DTと同サイズぐらいっすね。NTのサイズは守備では最大です。


いつも通りの順番でいきます!!

まずはDEから
J・J・ワット #99
当代随一の守備選手。恐るべきスピードとパワーで相手をドミネイトします。2012シーズンでは20.5サック(一流の3-4DLで最高10サック)、ランストップ回数はリーグ1位と桁外れのスタッツを叩き出しています。更にパスを叩き落とした回数はCBなどのDB(ディフェンスバック)と並ぶ16回でしたΣ(゚д゚lll)
5mの距離から飛んできたパスをINTする身体能力は脅威でしかないです(^^;;
性格もよいので、完璧ですね!


シェルドン・リチャードソン #91
2013シーズンの守備の新人王。すでにリーグ有数のランストッパー。LBと遜色ないスピードとフットワークを持ち、視野が広いです。身体能力も高く、マルチなテクニックがあります。スタッツは平凡ながら新人王に選出された能力の高さはさすがですね^ ^
動画は大学時代のもので、#34がリチャードソンです。


ジャスティン・スミス #94
15年目を迎えた大ベテラン。しかし、能力に衰えは見られず…
スタッツが落ちてきたのはパスラッシュ時でもダブルチームを引き受けて味方の動きをアシストしているからですね。インサイドもアウトサイドもできる魅力があります。さすがにスピードは落ちています。


もっと紹介したい選手がいますが良くわからないのと、時間がないのでまたの機会に>_<
お次はNTです!!

ハロティ・ナータ #92
リーグ屈指のNTですね。9年目でピークは過ぎたのですが(ピークは大体6、7年目)、今だに動きに衰えは見られず^ ^
ダブルチームで動かなく、スピードもあり、中央へのランを片っ端から潰していきます。年5サックも狙えます(普通のNTが年2サック程度です)。自称NFL1の運動神経だそうです。


ドンタリ・ポー #92
置き石タイプという、ダブルチームに耐えて中央へのランを止めるのが主な役割です。動かないから置き石です。しかし、彼は置き石タイプながら4.5サックを記録しています。身体能力は高いですね。出足のスピードはありませんが、パワーは凄いです。
ハイライト動画が無かったので、解説動画です。


よく文中に出てくる中央へのランですが、速さはロッベンぐらいで、体重は97.5kgの人が突っ込んできます。どれくらいNFLの選手がヤバイかわかっていただけたでしょうか?
外人だから出来るんですねこんなの。日本人じゃ195cm150kgなんてそもそも無理ですしw
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ