・連投でーす。今回はブロンコスのディフェンスについて。


・スタッツ
平均失点 22.3
喪失ヤード 390.7
パス喪失ヤード 300.0
ラン喪失ヤード 105.3
許TD数 8(ラン4、パス4)
ターンオーバー 3
被3rd&con 47.8%
Stuffed% 8.5%

パス喪失ヤードはリーグ下から2番ながら失点は平均以下。要所を見事に抑えてますね。守備の時間が長く、モバイル型QBとの勝負が続いたのも原因の一つですね。プレイが崩れてから粘られてやられる場面がありました。
ランで喪失100ヤード以上ですが、100ヤードラッシュはされていません。喪失ヤードのわりにはビッグプレイ献上6回と少ないのも特徴です。
1プレイあたり5ヤードしか許していません。集まりがいかに早いかがわかります。去年に比べるとランが出ていないのは中央を避けられる、つまりテレンス・ナイトンのところにほとんど来ないからでしょう。中央はかなりの確率で止めています。
去年と大きく違うのは、ターンオーバーを奪うことができ、モメンタムをもってこれることです。各ユニットそれぞれが自分たちの仕事を的確にこなしています。ここにトレバサンが帰ってきます。さらに強力なディフェンスを形成できるでしょう。スーパーボウルで大敗した原因の一端であるけが人も少なく、控えも充実しています。成績がこれより悪くなることはないでしょう。

来週からブロンコスの真価が問われるでしょう。ポケットパサー相手にどこまでできるか?スクランブルへの対応なども含めて注目です。
しかし、まだシーズンは始まったばかりです。この後もこの調子でシーズンが過ぎることを願います^ ^