K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのファンブログです! その他にもドラフトやFA、プレイ解説も行っています!

NFLのデンバー・ブロンコスに関するブログ
リーグ全体の怪我人、選手情報、契約情報なども書いていきます^ ^
タイトルの画像はポテトバサーさん(@potatobasser)さんの作品です



リアタイの皆様お疲れ様でした。寝ていた皆様はハイライトも見なくて大丈夫です。では
このエントリーをはてなブックマークに追加


・LV戦は逆転負け。前半最後のポゼッションでファンブル→FGブロックの流れで負けを覚悟しました。この試合はコンスタントにFG圏内までは行けましたが、相手のミス以外でTDが取れませんでした。弱いですね


CARも苦戦中
   この試合ではSam Darnoldの先発が明言されています。Baker Mayfield, P.J.Walkerそれぞれ酷かったのでDarnold先発になるのでしょう。前2人に比べれば投げられますが、上手なQBではありません


点を取った方が勝ち
   CARもDENもオフェンスが苦戦しています。点を取れば勝てます
   DENはCAR守備相手に点を取れるのでしょうか?それほどやばい守備なのか気になるところです
   CARはラン守備が苦手なDENに対してランを続けてくるでしょうか?ロングゲインが絡むと得点の匂いがするので、そこは気をつけたいですね


まとめ
   負けすぎて書くことがありません。どこにも勝てる気がしません。得点できないので
   今期LV守備から20得点以上できなかったのはDENだけだそうです。酷いですね。酷くて肩を落としています。では
このエントリーをはてなブックマークに追加



オフェンスの先発が全然いない件
   この試合でのJerry Jeudy, K.J.Hamlerのoutが発表されたことで、ブロンコスオフェンスは先発6人が欠場となりました。特にスキルは2~4番手WRが全ていないということで、この試合でもパスオフェンスが上手く機能するか不透明になっています。
   その中で期待したいのはTE Greg Dulcich。復帰してからは印象的な活躍が多く、Wilsonからの信頼も厚い選手です。この選手がどれだけオフェンスで絡めるかで試合展開は変わるでしょう。
   他には数少ない朗報として、OT Cam Flemming, Tom Comptonが出場出来そうなことでしょうか。さすがにLT Anderson, RT Baileyは厳しいですね。


不調のLVだが、前回はランでやられた
   開幕から不調ですが、ここ数試合は得点力まで落ちているのがLV攻撃陣です。TE WallerやWR Renfrew不在の影響はあるでしょうが、それだけでなくアジャストされてきた印象です。
   とはいえ、前回Josh Jacobsに200ヤード以上走られてボッコボコにされています。今回はどんな対策を打つかEvero DCの策に期待したいです。


まとめ
   警戒選手を挙げるならばDE Maxx Crosby, RB Jacobsの2人です。WR Adamsも要警戒選手ですが、うちにはPS2がいます。そう酷いことにはならないでしょう。PS2で止めれないならば諦めます
   正直勝てる気がしません。点が取れないので。逆に言えば得点さえ出来れば勝てるチャンスはいくらでもあります。点を取りましょう

PS. Melvin Gordonはベンチを温めていてください。初プレイでファンブルTDされたのは忘れていない
このエントリーをはてなブックマークに追加


・怒りを通り越して諦観の念が湧きあがっています。今年もこんな思いをするなんて


10点で勝てるわけないだろ
   点を取れば勝てますが、取れないので負けました。もちろんこの試合に関してはLT, RT, Cが負傷してそれぞれ3番手になったので、今までの試合と比べて同情するポイントは多かったです。Wilsonもプレッシャーが来たことでのコントロールミスや、投げるに十分な時間を貰えていませんでした。6サックに18ヒットは厳しいですね。
   とはいえ、その中でも点を取らなくてはいけません。相も変わらず3Qはオフェンスする気があるのか?という内容ですし、2minは激しいプレッシャーで投げるどころではありませんでした。度重なるペナルティーで足を引っ張られたりと、本当に良い事がないですね。


平均失点も平均得点もリーグ最小
   失点16.8の得点14.6です。点を取れば勝てるのに、点を取らないので負けています。知っていますか?ブロンコス毎試合20点しか取れなくても8-1の成績なんです。なのに20点も取れないので3-6です。


まとめ
   怪我人の多さに目眩がしますが、オフェンスの酷さにはため息しかありません。どうしてこうなった...Wilsonはかつてのパフォーマンスが完全になりを潜めてしまっています。もちろんHackettにも問題はありますが...
   来週は2-7のLVとの試合です。前回は31点取られて負けました。今回はどうでしょうか?点が取れる気がしないので、負けそうだなぁとか思います...救いはあるのでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加



両チーム怪我人多し
   DENはFS Justin Simmons, OLB Baron Browning, LT Cam Flemming, WR K.J.Hamlerと主力に怪我人がでていますね。元よりIRに入った選手の契約額がワースト3位なので、かなりの痛手ですね。特に開幕時のOLBトップ3は全員いません。DTのサックに期待しましょう
   一方のTENもQB Ryan Tannehillが復帰となりそうですが、スペシャルなDT Jeffery Simmonsがout。更にS Amani HookerやOLB Bud Dupreeなど先発4~5選手の不在が決まっています。こちらも苦しいですが、DENのオフェンスもなかなか厳しいので、まだマシかもしれません


DENにとってTENは相性が悪い
   今年のDEN守備はプレイごとの喪失ヤードやパス守備でリーグトップなのですが、その反面ラン守備を苦手としています。そして相手はDerrick Henry擁するTENということで、強みを生かしにくい状況です。
   またTENのパス攻撃の指標は、軒並みリーグ最下位付近です。得意のパス守備が目立つこては少ないかもしれません


点を取れば勝てる。現時点ではTEN有利
   Malik Willisではなく、Tannehillが出てくるのでパスの成功率は上がるのではないでしょうか。WRが...とは言われますが、DENのパス守備も完璧ではないのでTDドライブの1つや2つはあるでしょう。
   問題はDENの攻撃陣が得点を取れるかどうかです。20点とればかなりの確率で勝てますが、20点とれた試合の方が少ないです。毎回苦手の3Qで得点を取ることがあればDENの勝ちは決定的なものになるでしょう。


まとめ
   先週KCと接戦を演じたようにTEN決して弱くはありません。ただ点をとるバリエーションが少ないだけです。点をとるシチュエーションの少ないDENよりは強いですね  
   守備力もDENの方が上ですが、TENはよく鍛えられた組織的な守備が特徴です。ちょっとパスラッシュが弱そうなのは朗報ですが、歯が立たないレベルが、何とかなるかもしれない程度の変化です。こちらはLTが3番手でパスプロは非常に不安が残っています。
   DENは負けたらPO逸がほぼ確実になるため勝たなくてはいけません。bye明けでなぜか怪我人が多いですが、まずは1つ勝って欲しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ