K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのファンブログです! その他にもドラフトやFA、プレイ解説も行っています!

NFLのデンバー・ブロンコスに関するブログ
リーグ全体の怪我人、選手情報、契約情報なども書いていきます^ ^
タイトルの画像はポテトバサーさん(@potatobasser)さんの作品です


・OLはOTとC/OGに分けていきます。OTは悩ましいですね

・このランキングは個人的な主観によって構成されています。〇〇は入らないのですか?という質問をされますが、悩んだ末のランキングなので入りません。ご了承ください。迷った時は僕の勘で決まります


10位 Laremy Tunsil(HOU)
9位 Antony Castonzo(IND)
8位 Trent Brown(OAK)
7位 Ryan Ramczyk(NO)
6位 Tyron Smith(DAL)
 1巡2つの対価通りの活躍と言えます。ブラインドサイドの安定に貢献しましたが、ペナルティーの多さが問題です。Castonzoは隣にBig Qを得たことでパフォーマンスが安定しました。オフシーズンにINDと契約延長してます。Brownは怪我による欠場もあり、前年から価値を落としました。出れば支配的なRTです。Ramczykはオールプロに選出されるほどのパフォーマンスでした。Smithはデフォルトで13試合(13先発)選手になってきました


5位 Joe Staley(SF)
 昨年SBまで行く原動力となりました。LTに長年君臨し、タフなブロックで多くの貢献をしました。年齢と怪我により、このオフシーズンに引退を表明しています。お疲れ様でした
 残念なのは2度のSB出場を果たしながら、あと一歩及ばなかったことですね。1年の休養の後にOLコーチとしてSFに加わるとのことです

4位 Tyler Lewan(TEN)
 TENの快進撃にこの男あり。近年では最高クラスの運動能力を持ったアスリートOTです。出場停止で出遅れ、序盤こそは低調でしたが、終盤からPOにかけては左サイドを制圧していました。
 大学時代からミーンな選手として知られていて、審判にフラッグを投げられなければ何でもする。タイプです。ピールの一気飲みがとても早い

3位 Mitchel Schwartz(KC)
 RTでなければもう少しプロボウルに縁があったことでしょう。KCのOLで最もバリューのある選手です。
 パスプロが圧倒的な訳ではないですが、QBの回避能力も相まって攻略するのが非常に難しいです。ランブロックは捉える能力が高く、捕まえて押し込むのは流石です

2位 David Bakhtiari(GB)
 GBの快進撃の裏にこの人あり。パスプロ特化型OTですが、今年はランブロックも良かったです。LGが安定したのも大きいでしょうね
 パスプロ能力はリーグ三指に入る選手です。加えて、今年はランブロックでの貢献があり、Aaron Jonesをはじめとするランアタックを支えました

1位 Ronnie Stanley(BAL)
 1位は歴史的なランアタックを支えたBALのStanleyです。オールプロに選ばれる活躍でした
 パワフルなランブロックは勿論のこと、パスプロでの安定感も増しました。一昨年はセットの形でランかパスか分かるなんて言われていたのに、大きな成長ですね


まとめ
 OTは結構順位が乱高下します。難しいですね。Joe Thomasがいた頃は楽だったのですが…
 POへの貢献度を少し比重高めに評価しました。あとは強力なエッジと対戦した時の印象によるものです

このエントリーをはてなブックマークに追加


・TEってリーグ全体を見ても上位と下位の差が激しいですよね。


10位 Dallen Fells(HOU)
9位 Noah Fant(DEN)
8位 Kyle Rudolph(MIN)
7位 Dallas Goedert(PHI)
6位 Jared Cook(NO)
 FellsはRZターゲットとして目立っていました。Fantは爆発力はピカイチでしたが、キャッチ力が課題です。RudolphはルーキーIrv Smithと併用されたものの、その能力に未だ衰えはありません。Goedertは2番手ですが、ガッチガチにマークされたErtzの代わりにWentzの頼れるターゲットでした。CookはBreesとの相性の良さを見せました。


5位 Dallen Waller(OAK)
 BALでWRと指名され、TEにコンバートされ、薬物使用もあり解雇され行き着いたOAKで遂に大ブレイクを果たしました。6-6から考えられないスピードがあり、主にRACで活躍しました
 セットする位置の多くがWRでしたので、純粋なTEとは言い難いですが、登録上そうなってますので。大きなポテンシャルが開花した瞬間でしたね。NBAのMIPに該当する賞があれば受賞したのではないでしょうか?


4位 Zack Ertz(PHI)
 前年に100キャッチを超えたことで徹底的にマークされました。それでも、ルートランやレシービングではレベルの違う選手でしたね
 All or Nothingでもフォーカスされた選手でした。肋骨の骨折を押してでも出続けるタフネスは凄いです


3位 Mark Andrews(BAL)
 同期入団で全体1位のHayden Hurstを差し置いてエースとなりました。ミドルゾーンでフリーになる能力が高く、それがPAと上手く噛み合っていました
 POでは痛恨のキャッチミスからINTを献上してしまいました。その雪辱を果たすシーズンになるでしょう


2位 George Kittle(SF)
 Kittleが悪いんやない。1位が凄すぎたんや。昨年はレシーブで注目されたのに、今年はブロックで注目されたした。そりゃーDEゴリッゴリに押し込む超強いブロック見せればそうなりますよね。並のOTより強いランブロッカーです。レシーブも相変わらず上手です
 SFの優勝には彼の力は必要不可欠です。怪我なくシーズン過ごしましょう。不在の影響は大きいです


1位 Travis Kelce(KC)
 All Decadeにも選ばれたように、安定した活躍を長年続けています。マンカバーで悪夢のようなマッチアップを見せてきます。POでも活躍するなど、KCオフェンスを抑える上でかなり悩みの種になる選手です
 なんでまだサラリーが10Mに届かないのだ。早く15Mくらい貰うのだ


まとめ
 上が強すぎました。そして下が弱い…TEはある意味でリーグで一番格差の大きいポジションかもしれませんね
このエントリーをはてなブックマークに追加



10位 Jarvis Landry(CLE)
9位 Cooper Kupp(LAR)
8位 Kenny Golladay(DET)
7位 Courtland Sutton(DEN)
6位 Stefon Diggs(MIN 現BUF)
 Landryは相変わらずキャッチ上手いです。ターンボールでも取れますし、ハイキャッチももちろんのこと、ヒット受けても簡単には落とさないです。昨年はMayfieldのコントロールに問題がありました
 Brandin Cooksの大不振にRobert Woodsの決定力不足でピンチのLARを救いました。キャッチ力はたぶんNFLで1番です。スピードあるのでミドルゾーンでボール受けてからぐんぐんと運ぶの魅力ですね。SB53に彼がいたら結果は変わったかもしれません
 去年のDET結構ひどかったんですよ。Staffordは怪我で離脱するし、ランは出ないしと。結局David Bloughが投げた訳ですが、その中でGolladayは脅威になる選手でした。リーチの長さを生かしたキャッチ範囲の広さが魅力です
 DENにまともなWRがいない(2番目がルーキーTEのFant)ので必然的にボールが集まりました。そこ届くのか…というキャッチがいくつもありました。数字以上に速いのでRACも良いのです。
 ルーキー年からマンツーマンでの勝率は良かったです。昨年もその通りでした。Thielen怪我した中でMINのパスアタックを支えていました。この手のプレイメイカーは貴重です


5位 Davante Adams(GB)IMG_2909
 欠場もあり1000ヤードはいきませんでした。それでも出ている時の存在感は桁違いであり、GBオフェンスで最も警戒の必要な選手です
 ルートランが良いです。どんな相手でもリリースでスペースを作ります。Rodgersはタイトカバーに投げることを嫌うQBですので、彼が信頼してるWR=ルートランが良いになります。
 ヤードの割に決定力高いです。RZで強いWRは個人技に優れるますので、それもAdamsのレベルの高さを証明しています


4位 Chris Godwin(TB)IMG_2908
 たらればを言うならば、3年前めっちゃ欲しかった。(DENが彼の1つ前で指名した選手は、1日もロスターに登録されることなく解雇されてます)
 昨年はブレイクアウトシーズンとなり、蟹ントンの5000ヤードシーズンに大きく貢献しています。主にスロットやZ (外にセットするWRのうちスクリメージラインに乗らない方)で起用されています。
 キャッチとRACが良かったです。ミドルゾーンで空くので、ミドル投げ込むの好きなWinstonと相性良かったのでしょう。Bradyを助けるのはMike Evansではなく、彼だと睨んでます


3位 Julio Jones(ATL)IMG_2905
 2010年代最強WR。ATLオフェンス自体そこまで威力が劣っていないので、Julio自身も変わらずハイパフォーマンスでした
 それでも3位なのは2016年の残像が頭を離れないからです。あれはモンスターシーズンだった。歴代屈指のパフォーマンスでしょう
 Julioはサイズとスピードとテクニックを高次元で兼ねています。日の打ちどころがないです。キャリアの最初は怪我してましたが、最近はそれもなく。ドレッドは丸刈りになり、欠点が見当たらないのです

2位 DeAndre Hopkins(HOU 現ARI)IMG_2910
 オールプロ級なのに1巡対価にトレードされへんかったWRおるらしいなー。それNukやないかい。ということでHopkinsです。Nukは彼のニックネームで、子供の頃に愛用していたおしゃぶりメーカーです
 変態的な捕球範囲とボディーバランスが特徴です。とりあえず手が届けば取る。空中でのボディーコントロールが良いから難しい体勢でもキャッチにできる。これがHopkinsの凄いところです
 タイプとしてはポゼッションWRです。ゾーンの隙間、マンカバーを剥がす。そのタイミングでボールを受けるのが上手です。来年のARIやばいな


1位 Michael Thomas(NO)IMG_2911
 上手い、強い、落とさない。アイシールド21の鉄馬の完成形です。極端に身体能力が高いわけではないのですが…
 上手い、強い、落とさない。に全部集約されます。WRやってる人、やりたい人は彼のフェイクだったり、手とか体の使い方は参考になります。日本人でも真似できる要素多いです
 シーズン149キャッチという金字塔を樹立しました。(数少ないJerry Riceが持っていないシーズン記録でした)。それもあっての最優秀攻撃選手賞です。POだと割と消える試合多いので、そこら辺が次のレベルアップに必要なことでしょうか


まとめ
 めちゃくちゃ迷いました。Keenan Allenとか。でも非情になってばっさりばっさり切り捨てました。WRはスタッツよりも存在感とインパクトで選んでいます。そこら辺がスターとその他の境界線だと思うからです
 1000ヤードWR増えましたね。20人とかいるんです。パスハッピーの加速というのをこんな所で痛感するとは
このエントリーをはてなブックマークに追加


・今回はRBです。RBとWRは結構ランク付け迷いました…


10位 Joe Mixon(CIN)
9位 Josh Jacobs(OAK)
8位 Zeke Elliott(DAL)
7位 Kenyan Drake(MIA→ARI)
6位 Mark Ingram(BAL)
 10位には孤軍奮闘したMixonをチョイス。前年よりマークが厳しく、キャリー数は増えたもののヤードは微増と厳しいシーズンでした。Jacobsは1巡ルーキーの期待に応え、チームの核を担いました。3試合の欠場がなければもう少し上でしたね。Zekeは変わらず300キャリーを達成したものの、足を引っ掛けられる場面が目立ちました。オーバーワークの影響でしょうか?DrakeはARIにトレードされてから大爆発しました。オフェンスとの親和性が良かったです。Ingramはハンドオフを受けてからLoSに到達するまでがかなり速く、彼の中ランがあったからこそLamarのランは威力を増しました


5位 Aaron Jones(GB)IMG_2865
 元から良いRBでしたが、OLの大幅強化に後押しされて素晴らしい活躍でした。ランでもパスでも貢献できるGBらしいRBであり、特に決定力が今年は目を引きました
 アウトサイドゾーンを走るのがかなり上手です。頭抜けたマンパワーがある訳ではないですが、そこもゾーンランナーらしい特徴です

4位 Dalvin Cook(MIN)IMG_2866
 カレッジからホームランバッターとして有名でしたが、その能力はNFLでもいかんなく発揮されました。キャリーオーバーによる欠場がスタッツには影響しました
 スピードと加速力が高く、相手にパシュートミスを起こさせます。カットバックレーンの見極めも良いので、切り上がったら一気に抜ける可能性を秘めています。

3位 Nick Chubb(CLE)IMG_2867
 FrシーズンのChubbが復活した。5年程度カレッジも見ている方ならこれで通じるでしょう。知らない方のために補足しますと、FrシーズンのChubbというのはパワーバックながら凄まじい加速力でD#を引き離し、オープンフィールドでは幅の大きなジュークムーブでタックルをブレイクする選手でした。当時3年生だったTodd Gurleyより才能は上。Saquon Barkleyと並ぶレベルの称賛を受けました
 その後Soシーズンでの膝の大怪我で回り道をした訳ですが、NFL2年目にして大爆発を見せました。肉厚なマッスルボディーから想像できないスピードが特徴です。抜けたら20ヤードというスタイルが彼の凄さです。耐久力はかなり高いです

2位 Derrick Henry(TEN)IMG_2868
 LBと同サイズのRB。この時点でかなり悪夢な訳ですが、それがDB並のスピードで走ってくる。非常に悪夢です。
 ハイライトは12〜1月にかけて。大事な終盤戦で毎試合30キャリー近くこなすフル稼働でTENがPO最後の枠に滑り込み、AFC決勝まで行く原動力となりました。さすがに勤続疲労でKC戦はパフォーマンスが低下しましたが、あの試合も万全だったなら?と考えたくなります

1位 Christian McCaffrey(CAR)IMG_2869
 元よりラン、レシーブ、リターンなんでも得意なコンプリートパッケージでしたが、線の細さ、フィジカルの弱さがどうなのよ?と疑問視されていました。それは昨年バルクアップして解決したのですが…
 今年はNewtonが早々に離脱したチームの中で孤軍奮闘しました。というか戦術McCaffreyでした。あまりにも多用しすぎて終盤は通用しませんでしたが、その脅威は相手守備の脳裏に鮮明に焼きつきました。
 4年64M(年16M)で契約延長しました。100キャッチWRとして8M、200キャリーRBとして8Mなんて言われてます。体が1つしかないのが玉に瑕


まとめ
 RBは難しいです。エースと言われる選手は活躍するんですよね。怪我とかヤードで絞らざる得なかったです。Miles Sandersとか惜しかったです。画像は良いのがなかなか見つからず。RBは真面目なようです
 実力的には入ってくるTodd GurleyやSaquon Barkleyは怪我でのパフォーマンス低下もあり漏れました。来年は誰が入ってくるのか?今から楽しみです
 
このエントリーをはてなブックマークに追加


・毎年恒例のポジション別ランキング。あくまで昨年のパフォーマンスで考えます。異論があるかもしれませんが、主観で作ったものなので議論の叩き台にするくらで勘弁してください


ルール
 毎年思っていますが、10人全員は多いです。なので、6〜10位は名前を出してまとめて雑感述べます
 1〜5位は個人個人で紹介します


10位 Carson Wentz(PHI)
9位 Drew Brees(NO)
8位 Jimmy Garoppolo(SF)
7位 Kirk Cousins(MIN)
6位 Deshaun Watson(HOU)
 Wentzはスキル陣の怪我人に足を引っ張られなければもう少し上だったでしょう。Breesは怪我の欠場が痛かったです。Jimmy Gはオフェンススキーム、ランゲームの恩恵を最大限受けましたがNFC王者になったチームの中での貢献は計り知れません。CousinsはPOで勝利するなど大舞台で弱いというこれまでのデータを否定しました。Watsonは調子に乗った時はリーグ有数のプレイヤーですが、波が激しかったです


5位 Aaron Rodgers(GB)IMG_2857
 HC交代、FAでのビックスプラッシュがGBの復活に繋がったのは間違いありません。それでも、最大の要因はエースRodgersが低迷から復活したことでしょう。
 一昨年のRodgersは不振に陥り、球離れが悪く今までの落ち着きと勝負強さが鳴りを潜めました。
 昨年はOLの安定やプレイコールの変更で開幕から好調を維持し、プレイのレベルが戻りました。少し衰えはあるものの、年齢を重ねたことで円熟期を迎え、逆に隙の少ない選手になっています。

4位 Ryan Tannehill(TEN)IMG_2856
 この位置なのか!?そういう驚きもあると思います。しかし、昨年のTENの快進撃の原動力はTannehillです。彼が先発したことでTENの歯車は完璧に噛み合いました。
 Tannehillが先発してからのTENは得点力、RZTD%などいくつかの数字がNFLトップでした。いかにQBが重要とはいえ、オフェンススキームは変わりません。これほど劇的な変化をもたらした選手を無視することは不可能でした

3位 Russell Wilson(SEA)IMG_2855
 シーホークスというチームはなぜ安定して2桁勝てるのか?いくつかの理由はありますが、1つ間違いないことは、QBがRussell Wiosonで無ければあり得なかった。ということです
 Wilsonという選手はその高いモビリティーでパスプロテクションが崩れても逃げ回り、時間を稼ぎ、ビッグプレイを決めてしまう。そういうイメージが強い選手です。しかし、彼最大の特徴はターンオーバーの少ないことです。INTは投げず、ファンブルをしない。ネガティブエフォートを極力減らすそのスタイルによってSEAは幾度も救われました。
 昨年はそれに加えてプレイアクションパスがかなりの猛威を振るいました。エースTyler Lockettは当然ですが、フィジカルモンスターD.K.Metcalfとの間にもホットラインを開通しました

2位 Patrick Mahomes(KC)IMG_2854
 肩から先を鞭のようにしならせて投げる独特のフォームから、ありえないような距離までボールを届ける。そんな夢のようなスキルを持ちながら、平均以上のパス成功率と非常に捕らないモビリティーを持っています。
 一昨年ほどのパフォーマンスではありませんでしたが、持ち前の回避力と決定力は健在でした。そこにメンタルタフネスとクラッチ力が追加されました。
 100の言葉をつくすのも嫌なので動画を見ましょう。やばさはそれだけでわかります。アメリカの運動神経良い人です。大怪我しなければ将来の殿堂入りは固い

1位 Lamar Jackson(BAL)IMG_2853
 2年前のドラフトで多くの人はこう言いました。「Lamar Jacksonの身体能力は素晴らしい。だがプレイはQBのそれではない」。ある人はこうも言いました「彼はQBからWRに転向するべきではないか?」
 そんな人々の噂話をJacksonは吹き飛ばし、自身のQBとしての実力を証明しました。パサーとしての成長だけでなく、超驚異的なランナーとしての能力です。
 Jacksonは今までいたモバイルQBとは一線を画します。従来であれば触れぬスピードであったり、圧倒的なフィジカルで守備を蹴散らす選手が多かったです。しかしJacksonは圧倒的なスピードと信じられない緩急の差で守備を圧倒しました。
 彼のストップはトップスピードを一瞬でゼロに落とし、そこから数歩でまたトップスピードに戻ります。スピードのついた人間は簡単には止まれない。そんな常識を疑いたくなるプレイすら披露してみせました。


まとめ 
 POの比重が少し重くなってます。RSとPOで勝つことの難しさが違うからです。チームの問題もあるので、大きく差をつけることはしてないです。
 今年のQBは例年の鉄板(Brady, Roethlisburger, Cam Newton, Alex Smithなど)が入らず、目新しいものになりました。中堅QBも良い選手多いです。あとは誰が突き抜けてくるか
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ