K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのファンブログです! その他にもドラフトやFA、プレイ解説も行っています!

NFLのデンバー・ブロンコスに関するブログ
リーグ全体の怪我人、選手情報、契約情報なども書いていきます^ ^
タイトルの画像はポテトバサーさん(@potatobasser)さんの作品です



2019年のNYG
 先発Eli Manningで始まったものの1ヶ月ほどでルーキーDaniel JonesにQBがスイッチしました。そのJonesも初先発は勝利したものの、ターンオーバーがかなり目立ち、守備が止まらなかったことも含めて負けが込みます。結局4-12で全体4位指名権を獲得しました
 HC Pat Shurmurを解雇して前NEのSTC Joe Judgeと契約しました。OCには前DALのHC Jason Garrett、ポジションコーチに前CLEのHC Freddie Kitchensと有名どころを呼び込みました。


オフシーズン問題1 OLの補強
 Nate Solder, Mike RemmersをFAで獲得し、Will Hernandezをドラフト、Kevin Zeitlerをトレードで獲得したのですが、それでもOLが弱い。個人の問題というよりも連携の問題な気がするんですけどね…パスプロにしろランブロックにしら安定感がないです
 RT Remmers, C Jon Halapioは変えたいです。Jack Conklin(TEN)が取れれば最高なのですが…Bryan Bulaga(GB), Brandon Scherff(WAS)あたりもターゲットになりそうです


オフシーズン問題2 フロント7の整備
 マストなのがDT Leonard Williamsとの再契約です。昨年3巡指名を渡してまでトレードしてきた選手ですので、FAでみすみす逃すわけにはいきません。POが絶望だったにも関わらずトレードしたのは優先交渉権のためですし
 OLB Markus Goldenも今年よかった選手なので残したいですね。ILBはAlec Ogletreeがキャップヒットに対してデッドマネーが少ないのでカットされそうです。ラン守備でタックル出来ない場面が散見されたので、タックルまで到達できるILBは欲しいです
 

オフシーズン問題3 一貫したチーム作り
 このところのNYGを見ているとオフェンスもディフェンスも同時に強くしようとしています。それ自体は悪いことではないのですが、中途半端な補強となり結果に結びついていないことがチーム低迷の一端を担っています。
 今の在籍選手、Jason Garrett招聘から考えればやはりSaquon Barkleyを中心にしたオフェンスを組むのが1番だと思います。2018年までのDALのようなランをメインに、QBのパスを絡めるスタイルが1つのモデルケースになると思います。QB Daniel Jonesのタスクを減らす意味でも理に叶っているかと
 守備側はラン守備かパス守備に絞ってまずは強化をすべきでしょう。現状ランにもパスにも強くないどっちつかずの状態です。ラン守備ならフロント7、パス守備ならパスラッシャーとDBの補強をしたいです


まとめ
 オフェンスの問題はランが機能しないこと、ターンオーバーの多さでした。Barkleyを最大限活かせるチーム作りが強くなる最短ではないでしょうか。そのためにもOLは補強したいです
 ディフェンスはクオリティー不足を感じました。DLは良いのですが、後の8ポジションは良くも悪くも平均的なメンバーでした。ドラフトなりFAなりでDCの好みにあった選手を獲得してアップグレードしていくしかないです

このエントリーをはてなブックマークに追加


・NBAのレジェンドKobe Bryant(41)がヘリコプターの墜落事故で亡くなりました。また娘のGianna Mariaさんやバスケチームの他の親御さんも同乗されており、同様に亡くなられたとのことです。R.I.P

2019年のDAL
 開幕3連勝と最高のスタートを切るもその後は3連敗。その後も勝ったら負けたりを繰り返して8-8で地区2位に終わりました
 1000ヤードWR2人、1000ヤードRB、攻守の主要スタッツも軒並みトップ10と素晴らしい数字を取ったのに勝てませんでした。
 シーズン後に長年率いたJason Garrett HCを解任してMike McCartheyを招聘しました。


オフシーズン問題1 Dak Prescottをどうするのか?
 新人年に13勝を挙げ、この4年間安定した成績を残しました。更に今年は約5000ヤード30TD10INTとリーグでもトップクラスの成績を残しました。そんな選手がUFAになります
 シーズン前に年40Mを求めているなんて話が出てきました。これは流石にふっかけてるでしょうが、同期のGoffやWentzと似たような金額(前者が4年134M, 後者が4年128M)を要求するでしょう。そこの部分で落とし所をつけるのか、タグを貼って1年過ごすのか。だいぶ意味合いが変わってきます


オフシーズン問題2 主力の引き留め
 WR Amari Cooper, DERobdrt Quinn, TE Jason Wittenと主力がFAになります。エースWR Cooper, DE Quinnは引き止めるでしょう。38歳になるWittenはどうするのでしょうか?再度の引退となるとTEのニーズが生まれてしまいます
 パフォーマンスと金額で悩みそうなのがCB Byron Jones, SS Jeff Heath, DT Maliek Collinsなどか。特に高くつきそうなJonesの処遇に注目です。


まとめ
 成績や戦力を見たら「なんで8-8だったの?」と疑問を抱くほどのポテンシャルがあります。8敗のほとんどがPOチームということで、20年は「いかにPOチームに勝てるパフォーマンスを見せれるか?」になりそうです。HC交代でチームがどう変わるのか。あとOC Kellen Mooreがより効率的なオフェンスを展開できるか。ヤードに対して決定力が足りてないです…
 FAは後手後手に回っています。主力中の主力がなぜこんなにUFAなのか…幸いキャップスペースはあります。しかしタグは1人にしか貼れないですし、最悪流出なんて事態も…
 めちゃくちゃポテンシャルの高いチームなので、来シーズンはリーグを席巻してるかもしれません。あとはオフシーズンの過ごし方とコーチ次第です
このエントリーをはてなブックマークに追加



2019年のPHI
 前半から成績が安定しない中でDALと地区優勝を争いました。早々にWASとNYGが離脱したことで最終盤までもつれましたが、9-6で地区優勝しました


オフシーズン問題1 OLの世代交代
 長らくOLを固定し続けた弊害で全体的に高齢化が進んだものの、下が育っていないという状況です。昨年1巡でAndre Dillardを指名しましたが、人数が足りていません。
 LT Corey Peters(37), LG Isaac Seumalo(26), C Jason Kelce(32), RG Brandon Brooks(30), RTLane Johnson(29)が先発で、Dillardが24歳です。契約延長をしたばかりのBrooks, RT Johnsonはまだいるでしょうが、C Kelceは引退の噂が出はじめていますし、LG Seumaloはパフォーマンスが低調なので交代したいです。
 高齢化が問題なのでFAでは行かないのではないでしょうか?ドラフトも1巡とは言わないですが、3巡までに1人指名は予想されます


オフシーズン問題2 DB陣の再建
 守備の核であるMalcolm Jenkinsは未だ健在ではありますが、他の3人は流動的です。2020にFS Rodney McLoedとCB Ronald DerbyがUFAになります。
 4年間の在籍でMcLoedは15試合欠場ですが、フルシーズン2回と健康な時もあります。一方のDerbyは在籍3年で毎年4試合以上は確実に欠場しています。こう考えるとDerbyとの再契約は無さそうですね…McLoedも30歳と若くないので再契約を見送る可能性もあります
 そうなるとDBの層が薄くなります。FAで狙うならトップCBがChris Harris(DEN), Jimmy Smith(BAL), Logan Ryan(TEN)。FSだとJustin Simmons(DEN), Adarian Phillips(LAC), McLoedが候補でしょう


オフシーズン問題3 WR陣の再編
 今年のPHIが厳しい戦いを強いられた一端にWR陣に故障者が続出したことにあります。ガラスのエースWR Alshon Jeffery, DeSean Jackson, Nelson Agholorと上から3人が怪我でいない試合がありました
 ドラフト2巡でJ.J.Arcega-Whitesideを指名しましたが、怪我の多いJefferyとJacksonがいるのでもう1人計算できる選手が欲しいです。Greg WardとJAWで充分!というならそれでも良いのですが…
 今年はWR豊作なので3巡でも将来の先発取れるでしょうから、余裕があるならばWR指名ありではないでしょうか


まとめ
 Carson Wentzが1人で頑張りすぎる場面が多かったのが将来的な懸念です。怪我も増えていますし、このままではキャリアが短くなってしまう懸念もあります。そのために1番必要なのはOL強化、ラン強化、そしてターゲットの強化でしょう。理想を言えば優勝した17年くらい強いOLが欲しいです
 守備はとにかくDB陣のクオリティーが問題かな?と思います。特にCBがマンツーマンで厳しいこと多かったです。フロント7はLBが無名でもラン止めれていたりと、DLが強ければ何とかなるよ!を実践できていたので取り上げていません
 サラリーキャップは42Mの余裕があり、ドラフトは21位です。これをうまく使って戦力を高めていくのでしょう。Roseman GM優秀ですし
このエントリーをはてなブックマークに追加



2019年のMIA
 開幕前にLaremy TunsilとKenny StillsをHOUへ、シーズン中にはMinkah FitzpatrickをPITへ、Kennyon DrakeをARIへトレード放出。それ以外にもベテランをばっさばさ切ったりとガチタンクモードに入りました。
 結果的には5-11で全体5位指名権を獲得しました。全体1位ではないものの、オーナーが惚れ込んでいると噂のTua Tagovailoaくんは取れそうです
 良かったのはハングリーな若手を多く起用できたこと、残った才能のある若手が活躍したことです。プレッシャーもない状況で伸び伸びとプレイしたお陰でしょうか。来年に向けて思いがけない発見などがありそうです。HC Brian Floresは熱血漢っぽいですし
 悪かったのは負けまくったこと。フィッツおじを先発にしている時点でシーズン捨ててるのはわかっていましたが、やっぱり負けるのは辛いもんですよ


オフシーズン問題1 FAの動き
 全く読めない。というかこれ以上誰を売れるの?という感じです。売れるには売れるけど、売る意味なくね?とは思います
 キャップは94Mと潤沢にあります(SS Jonesを解雇すればもっと空きます)。豊富なドラフト指名権と合わせて一気に動くのですかね?大枚叩いてやばい動きするかもですね


オフシーズン問題2 Tank for Tua
 今年のトップQBはJoe Burrowで確定ですが、MIAのオーナーが惚れ込んだのはTuaくんみたいです。どうやら怪我からの復帰は順調で、キャンプに間に合いそうです。怪我の経歴は気になりますが、ポテンシャルは圧倒的に高いです
 CARやLAC, INDあたりがジャンプアップしてこなければ5位での指名は間違いなさそうです。本当にTua指名するのかはわからないですけど、QB指名しなきゃしょうがないでしょう


まとめ
 完全にスクラップになったのでどこから手をつけるのかわかりません。欲しいポジションはILB以外全部。本当にこんな感じです
 パス攻撃以外はリーグ最底辺なので、補強しただけでアップグレード確定です。そのパス攻撃もQBとWR補強したらプラスになるので、全部上がる要素しかないです
 Ndamkong Suhとった時のように価格破壊するのだけは辞めてほしいなーと思いますが、今年のFAで積極的に動いてくるかもです。とりあえず台風の目予想しておきます
このエントリーをはてなブックマークに追加



2019年のNYJ
 補強の目玉だったILB C.J.Mosleyがいきなり怪我で離脱、QB Sam Darnoldも病気で離脱と攻守の中心選手がいきなりいなくなる立ち上がりでした。開幕からの1ヶ月は先発選手が何人も離脱するなど、チームとしてコンディション管理に疑問がつきました。
 4連敗のあとは7-5と立ち直すことに成功しました。これはスケジュール難易度が低かったことや、選手が帰ってきたことが原因です。DT Leonard Williamsをトレードしましたが、守備陣はシーズンを通して良かったです。これでロースコアゲームでも勝てる場面がありました
 一方でオフェンスの不安定さが課題でした。良いときはテンポ良く1stダウンを重ねるのですが、悪い時はDarnoldが腰の引けたプレイで安全に安全にプレイするため、相手にとって守りやすくなっていました。これは来期に向けた課題です


オフシーズン問題1 貧弱すぎるOL
 ドラフトでは守備選手の上位指名を続け、FAでも守備選手を集めたことで攻撃側のタレントが不足しています。平均を超えるのはRB Bellくらいでしょう。Darnoldは将来を担う存在なので変えることはないとして、その他の9人は可能な限りレベルアップを狙いたいです。5003
 OC上がりのAdam Gaseが就任してこの数字はまずいです。特に深刻なのがOLで、被サック52回、ランは平均3.3ヤードと完全に足を引っ張っています。LTはUFA、CとRGはデッドマネー無しなので大幅な入れ替えも予想されるでしょう。
 FAならLT Anthony Castonzo(IND), RT Bryan Bulaga(GB)のベテラン勢やRT Jack Conklin(TEN), RG Brandon Scherff(WAS)などのネームバリューがある中堅勢が1つターゲットではないでしょうか?ドラフト(11番目)は残念ながらAndrew Thomas(Georgia)には手が届かなそうなので、Jedrick Wells Jr(Alabama), Tristan Wirfs(Iowa)が現実的なターゲットとなるか


オフシーズン問題2 Jamal Adamsの契約延長
 3年目にして2度のオールプロにも選出されたこのSSがNYJで最も価値のあるタレントであることは明白です。5年目オプションの行使は間違いなく、ファンとしては早めの契約延長が待たれるばかりです
 問題があるとすれば、AdamsがNYJを出たいと匂わせる発言を過去にしたことです。
低迷したチームではなく、より強いチームに移籍したい。その為なら強硬手段も辞さない
 こうなってしまえば足元を見られて損をするのはNYJです。なので、NYJとしては可能な限りこのオフシーズンに契約延長を済ましたいのではないでしょうか。それが決裂に終わるようならトレードバリューの高いうちにトレードに出すといった選択肢も取れます
 最良のシナリオはAdamsが今後もグリーンのジャージを着続けることですが、それが難しいなら損失を最小限に立ち回りたいです


まとめ
 先の見えないシーズンオープンに比べれば、ポジティブな形で2020年を迎えることが出来ました。大幅なテコ入れをした守備はしっかり数字が付いてきているので、後は同じことも攻撃側にしてチームとして上に登りたいところです
 Adams問題を書きましたが、もう1つ懸念があるとすれば気難しいGaseという人です。MosleyやBellの獲得は自身の本意ではなく、フロントが主導したことなんて噂も出たように、フロントと現場の齟齬が見られました。DEN時代もMIA時代も最後は喧嘩別れに終わった彼とフロントの確執が決定的になれば、チームは破綻してしまいます。それが起こらないかどうかも注視したいです
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ